笑劇の白富士ステークスから1年…

東京競馬場内馬場からメインスタンドを眺める
By TagPhotoLog
今日は東京で白富士ステークスですね。ペルーサがやらかしてからもう1年ですか…。月日の経つのは早いものです。

そんなペルーサもノド鳴りで手術が決定(参考: 【競馬】ノド鳴りで復帰延期。ペルーサのいない白富士Sを他で例えると? /競馬ろまん亭さん)。白富士ステークスに名前が無いのが寂しいですね。

しかし、今年の白富士ステークスには去年のペルーサにも負けないほどの抜けた人気馬になりそうな馬がいます。
それがムーンリットレイク。


6戦5勝2着1回のパーフェクト連対


ムーンリットレイク(netkeiba)

ここまで6戦して5勝。唯一負けたのがトーセンレーヴが勝ったプリンシパルステークス。デビュー2戦目でダービートライアル2着なんですからそのポテンシャルの高さは折り紙付き。
今年の白富士ステークスは間違いなくこの馬中心で人気が動くはずです。

ただ、昨年と違い今年はムーンリットレイクがネタになるような可能性は低そう。
と、言うのも出遅れ癖があったペルーサに対して、ムーンリットレイクは好位からの競馬が出来る馬だから。開幕週ですから差しは基本的に不利なんですよね。ムーンリットレイクはその心配が無いので安心してみていられそう。

次点はステラロッサ。

前走は初の中山で内心「危ない人気馬じゃない?」なんて思ってたんですが、アッサリ差しきりました。条件はこちらの方が合うと思いますのでその点はプラス。脚質的に後ろから行くタイプなのが不安ですが、能力的にはムーンリットレイク同様に抜けているんじゃないかと思います。

3番手にセイクリッドバレー。昨年の白富士ステークス3着馬ですね。

左回りの2000mはベスト条件に近いんじゃないですかね。好走が暖かい時季に偏っているのが少々気になりますが、ヒモ争いであれば十分足りるかと思います。

白富士ステークスの予想
◎ムーンリットレイク
○ステラロッサ
▲セイクリッドバレー

こういうガチガチの馬券買った時が一番緊張するかもしんない…。

クロッカスステークスは差し馬が中心


白富士ステークスの前のレースは3歳オープンのクロッカスステークス。

モハメド殿下のティーハーフとプレイズエターナルが人気ですね。どちらも鋭い決め手を持った馬。
東京の馬場展望記事(開幕週の思い込みに注意したい東京の馬場)にも書いたのですが、昨年の東京開幕週はややパワーが要るような馬場で、差しも決まってたんですよね。

ティーハーフはストーミングホーム産駒ですし、プレイズエターナルはアドマイヤムーン産駒。この辺からもこの2頭は問題無さそう。

他馬を見ると同型も多く、この2頭より魅力がある差し馬は見当たりません。というわけで相手は先行馬。

クロッカスステークスの予想
◎ティーハーフ
人気ブログランキングへ
▲プレイズエターナル

本命は1番人気になりそうなティーハーフ。馬群を割って伸びるスタイルが板についてきましたね。
差しが決まるとはいえ、内を通れる方が良いので、こういう馬群に突っ込める能力は貴重。

相手にはこの馬→人気ブログランキングへ
内枠に入りましたし、ここは強気の先行策を見せて欲しいところ。東京での好走が無いのは少し気がかりですが…。

3番手はプレイズエターナル。前走でティーハーフを破ってますが、今回は試練の大外枠。能力は高そうなんですが不安もあるかなと思い、割引。

こんな記事書いといて、2レースとも結局ケンしてしまいそうだなあ。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。