ジョワドヴィーヴルもショウナンマイティも信用できなさそうな京都記念

アルゼンチン共和国杯勝ち馬 トレイルブレイザー(安藤勝己)3By arima0208

今週は京都記念。以前は冬のG2ということでそれほど有力馬の参戦が多くなかったように記憶していますが、最近はドバイの前哨戦的な役割を担うようになってきたため、G1級の参戦が増えてきました。

今年の注目は久々のレースになるジョワドヴィーヴルでしょうかね。
ジョワドヴィーヴルが買える馬になるかどうか、過去の傾向から展望してきましょう。


上位人気馬が強い


5 1 1 3 1
これは過去5年の京都記念勝ち馬の単勝人気。ここ5年で1番人気は3勝、2着2回とパーフェクトな成績。
08年を除く4回で2番人気または3番人気が3着以内に入っているので、堅い決着が多くなっています。

上位人気馬が人気を裏切るのは後ろから競馬をした場合。昨年のウインバリアシオンや11年のダノンシャンティ、08年のドリームパスポートとウオッカがそれに該当します。

対照的に先行馬は戦績が安定しているので、人気馬で先行力がある馬の場合はそれほど疑わずに狙って良さそうです。

あえて穴を狙うなら逃げ馬


ここ5年ではそれほど人気薄が走っていないのですが、09年3着のヴィクトリー(9番人気)と08年3着のシルクフェイマス(11番人気)はいずれも逃げの戦法に出た馬

両馬とも、前走は逃げていないのですが過去に逃げて実績を挙げている点は共通しています(ヴィクトリーは07年皐月賞を逃げ切り勝ち、シルクフェイマスは06年AJCCを逃げ切り勝ち)。
また、どちらも「もう終わった実績馬」という目で見られていた感じで人気を落としていました。穴を狙うなら実績馬の復活に賭けるのも面白いかもしれません。

こうして見ると、ジョワドヴィーヴルには少々厳しい傾向ですね。無理矢理プラス材料を挙げるなら母父Caerleonがこのレースと相性がいいくらい。
他の人気しそうなところでは後ろからいくショウナンマイティもやや不安。
カポーティスターも前走が狙い目だっただけに今回は斤量も増えるし信頼感は微妙。
そう考えるとこの馬かなあ→人気ブログランキングへ
正直あまり自信が無いですけど。

穴馬がどれかは皆目見当もつきませんが、今年はなんだかやや荒れくらいはしそうな気がしています…。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



ジョワドヴィーヴルもショウナンマイティも信用できなさそうな京都記念” への1件のコメント

  1. ピンバック: データ競馬予想『激走!データ競馬+(plus)』

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。