阪急杯でロードカナロアを頭にしない理由と穴馬の選び方

阪神競馬場By Mutsuki ren

昨日書いた中山記念の記事に続いて今週阪神で行われる重賞2つの展望をしていきたいと思います。
今回は日曜の阪急杯の展望です。ロードカナロアの今年緒戦になりそうなので注目ですね。

阪急杯は開幕週なので当然内枠から


阪急杯が行われるのは春の阪神開幕週2日目。1月2月が京都での開催なのでまるまる2ヶ月使用されずに馬場を整備しているため毎年内枠の馬がかなり偏って好成績を出しています。

また、1400m戦はスペシャリストがいる距離。明らかに1400mが得意な馬はここでもやはり力を発揮します。サンカルロなんかはいい例ですよね。サンカルロは差し馬なのでこのレースでは取りこぼしもありますけど。

スペシャリスト以外で狙いたいのは1200mでは少しスピードが足りず、マイルでは斬れが足りない馬。マジンプロスパーとかはいい例ですね。
1200mでは追走が忙しい馬も1400mになることで楽に追走できるからこそ走るんでしょうね。

前走スプリント戦は相性が悪く、1400m以上がいい


相性のいいローテーションは、前走で1400m以上の距離を使っている馬
阪神カップ、京都金杯、東京新聞杯、牝馬なら京都牝馬Sをステップにしてきた馬がよく馬券になっています。

必ずしもこれらのレースで好走した馬が阪急杯でも走るというわけじゃないのでそこが難しいところですね。

今回はロードカナロアが絶対的な人気となりそうですが、昨秋もステップでは函館スプリントステークス、セントウルステークスと取りこぼししてるんですよね。
今回は58キロで斤量が抜けて重いですし、余力残しの仕上げで来る可能性があるでしょう。
そうなるといくら王者とはいえ付け入る隙があるんじゃないかと思っています。

と、いうわけで注目馬はこの馬→人気ブログランキングへ
差し馬からの上位はサンカルロに任せるとして、狙いたいのは先行馬。一定ペースのレースで真価を発揮するタイプなので内枠を引けばチャンスがあると思います。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



阪急杯でロードカナロアを頭にしない理由と穴馬の選び方” への2件のコメント

  1. ピンバック: 戦略的競馬予想~馬券必勝ブログ~

  2. ピンバック: 競馬廃人の遺書

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。