チューリップ賞で好走するために必要な脚質・能力・血統とは

アパパネ 返し馬By arima0208

今週は東で弥生賞(展望はこちら)、西でチューリップ賞とクラシック一冠目の重要ステップが行われますね。

チューリップ賞には2歳女王のローブティサージュの他、紅梅ステークスを勝ったレッドオーヴァル、アルテミスステークス2着のアユサンなどが登録してきました。メンバーを見渡すと混戦ムードな予感がします。

早速チューリップ賞の展望をしていきましょう。

チューリップ賞は阪神マイルの典型的な流れになる


阪神マイルコースはテンが緩く上がりが速い流れになりやすいコースで、テンが緩いわりに差し馬の活躍が多いコースです。
チューリップ賞もこの傾向が強く出ています。

ゆったりとした流れからの上がり勝負となることが多いため、勝つには瞬発力が重要
ここまでのレースでマイル以上の距離で上位の上がりを使っている馬は人気に関わらず好走傾向があります。

とはいえ、過去に2頭(08年1着エアパスカルと09年2着サクラミモザ)前走ダート戦から連対している馬もいるので、ペースが緩めばダートを先行できる馬なら穴候補に出来るんじゃないでしょうか。

サンデー系×ミスプロ系の相性がいい


昨年の1着ハナズゴール、10年1着ショウリュウムーン、09年2着サクラミモザ、08年1着ウォーエンブレム。
これらに共通するのが、父サンデー系×母父ミスプロ系(またはその逆)という血統であるということ。

上にも書きましたが、チューリップ賞では瞬発力が求められるので、サンデー系が必要、ということになるんでしょう。
ミスプロ系が活躍できるのも、比較的早い段階から活躍できる馬が多いからでしょう。
クラシックに出走するには早い段階から仕上がってないといけませんからね。

現時点での注目馬はこの馬→人気ブログランキングへ
ミスプロ×サンデーじゃないんですが、出遅れた前走では大外を回る競馬をしつつよく追い込んでの5着。
レッドオーヴァルが強敵ですが、レッドオーヴァルにはないマイル経験がある点を評価しました。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



チューリップ賞で好走するために必要な脚質・能力・血統とは” への1件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。