難解なフラワーカップで馬券を当てるための2つのポイント

7R勝ち馬 オメガハートランド(石橋脩)2By arima0208

先週の中山牝馬ステークスに今週のスプリングステークスと続く中山1800mの重賞、フラワーカップが今週末の土曜日に行われます。

最近は桜花賞3着のトレンドハンターや桜花賞2着のオウケンサクラなどの勝ち馬を出し、後にオークスを勝つサンテミリオンが3着に入るなど、フラワーカップから出世した馬が目立つようになって、注目度が上がっているレースです。

今年は混戦と言われている牝馬クラシック路線だけに、どの馬にもチャンスがありそうで難解なレースになることが予想されます。
オイシイ配当も期待できるレースだと思いますので、好走する馬のポイントをしっかりおさえましょう。

フラワーカップは関東馬中心


西高東低といわれる競馬界ですが、フラワーカップの過去5年の成績は東3勝に対して西が2勝と関東が勝ち越しています。
過去5年で関西馬は一番人気が2頭、二番人気も2頭、3番人気が3頭と頭数の割に上位人気になる馬が多いのにも関わらず負け越しています。

関西馬不振の原因はおそらく遠征。
まだ若く、ましてや牝馬ということもあってこの時期の遠征はなかなか厳しいものがあるのでしょう。

関東馬は関東馬というだけで人気落ちしやすい傾向にあるので、積極的に狙いましょう。
関東馬であれば中山のコース経験がある馬を狙うのがベターです。

展開・馬場によって勝ち馬が変わる


文字にすると当たり前に感じるでしょうが、フラワーカップでは年によって逃げ馬が勝ったり差し馬が勝ったりと勝ち馬の脚質にばらつきが目立ちます。
ブラックエンブレム、ヴィーヴァヴォドカ、オウケンサクラ→逃げ・先行押し切り
トレンドハンター、オメガハートランド→差し・追い込み


ブラックエンブレムは淀みない流れを押し切り勝ちしていますし、オウケンサクラは道中ペースを落としての押し切り勝ちをしていたりとペースにもかなり差が目立つので勝ち馬の予測を立てるのが難しいレースです。

ただ、2・3着馬はハッキリと差し有利の傾向が出ています。
直線急坂がある中山コースで、上がりがかかる傾向にあるのでそうした傾向が出ているのでしょう。

現時点での注目馬は、、、挙げるのも難しいですがこの馬でしょうか→人気ブログランキングへ
関東馬で中山経験もありますし、前走は上がり1位の末脚を使って3着。時計的にもまずまずな時計でしたのでこのメンバーを見ても通用するのではないかと思います。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



難解なフラワーカップで馬券を当てるための2つのポイント” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。