荒れるダービー卿チャレンジトロフィーで考慮すべきポイントとそうでないポイント

ガルボと石橋脩By arima0208

今週は大阪杯とダービー卿チャレンジトロフィーの2重賞。
先週、先々週と週末に4つの重賞があったのに比べると随分のんびりした1週間になりそうですね。

さて、ダービー卿チャレンジトロフィーは荒れる重賞としてお馴染みのレース。過去5回で1番人気は1勝しただけでほかは3着にも入っていません。一方で10番人気以下の穴馬が3頭も複勝圏に入っていて、穴党にはたまらないレースです。

今回も登録メンバーを見ると、予想が困難になりそうな馬ばかりが登録しています。
傾向を押さえて大穴馬券を狙ってみるのもいいんじゃないでしょうか。

内枠は絶対的ではない

中山マイルコースといえば、内枠を狙うのがセオリー。
でも開催も後半にさしかかった中山はコース替わりがあっても、内有利にはなりにくい馬場状態であることが多く、ダービー卿チャレンジトロフィーでもそれほど内がバンバン馬券になるという傾向は見られません。

むしろ内を少しあけた真ん中くらいの枠が好成績ですから、極端な外枠でなければそれほど気にしなくていいでしょう。

ロベルト系がよく走る

過去5年のダービー卿チャレンジトロフィーではロベルト系がよく走っています。

12年2着オセアニアボス(父Red Ransom)
10年2着マイネルファルケ(父ムタファーウエク)/09年も2着
09年3着マヤノライジン(父マヤノトップガン)
08年2着ドラゴンウェルズ(父Dynaformer)


一方でオーシャンエイプスやセイクリッドバレーはそこそこ人気を背負ってコケています。この違いは脚質
ダービー卿チャレンジトロフィーではこれまで前に行ってそのまま残るレースが多かったのですが、オーシャンエイプスとセイクリッドバレーは差す競馬をしていました。
オセアニアボスは差しての2着ですが、これはレアな例。ロベルト系を狙うなら人気薄の先行馬に妙味がありそうです。

とはいいつつ、あまり狙いたいロベルト系がいない今回のメンバー。
注目馬はこの馬でしょうか→人気ブログランキングへ
一昨年の朝日杯フューチュリティステークスで本命にした同馬。斬れる脚がなく、1400m向きですが、前走でマイルを克服。
例年のダービー卿チャレンジトロフィーのようなペースになってどこまでできるかとは思いますが、期待感もあります。

その他にはネオヴァンドーム、ダイワマッジョーレに注目しています。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



荒れるダービー卿チャレンジトロフィーで考慮すべきポイントとそうでないポイント” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。