青葉賞で走る穴馬のポイントはここをおさえろ!

フェノーメノ 返し馬By arima0208

日曜のフローラステークスとマイラーズカップはボロボロ。
こりゃー、危険な人気馬だと嬉々として消したデニムアンドルビーが快勝。マイラーズカップは海外遠征からの休み明けということで消したグランプリボスが差しきり勝ち。

早い段階で検討から外れた2頭が勝っちゃってもうどうしようもありませんでした。

今週は青葉賞。なかなか重賞の的中が続きませんが、今週こそ!の意気込みだけは忘れずにいきたいものです。
まずは脚質の傾向から。

差し馬が中心の青葉賞

フローラステークスは道中最後方にいたデニムアンドルビーが勝ちました。

東京は開幕週ということで内伸び馬場になるかと思いましたが、道悪の影響もあったのか差し決着。

改めて去年のレースを振り返ってみると、実は去年もそれなりに差しが決まっているような馬場で、この時期の東京は開幕週でも意外に差しが届く馬場なのかもしれません。
それを表すかのように青葉賞も差し馬の活躍が目立ちます
09年のアプレザンレーヴから去年のフェノーメノまで4年連続差し・追い込み馬が1着。この間3コーナー4番手以内につけた先行馬は11年2着のショウナンパルフェがいるだけで、他に先行して3着以内に入った馬はいません。
開幕週近くで有利になりやすい内枠も青葉賞に関しては目立った成績はありません。

ダービー前になるとどうしても折り合いに専念する形が増え、ペースが遅くなりがち。
本来は決め手がないために先行押し切り策をとりたい馬が力を発揮しにくい流れになりやすいレースなんでしょう。青葉賞は。

穴馬なら中山・阪神からの巻き返しを狙う

去年、単勝2.1倍と高い支持率を得たフェノーメノが勝ちましたが、2着は10番人気のエタンダール、3着は13番人気のステラウインド。11年は6番人気のウインバリアシオンが勝利。青葉賞は一番人気馬の複勝率はこの5年は80%と高いですが、ヒモ荒れは十分期待できるレースです。

どういう馬が穴を開けるかですが、狙って面白いのは中山・阪神で負けてきた馬の巻き返し
ウインバリアシオンも弥生賞を負けてからの転戦となったように、小回り的なコースで力を発揮できずに負けた馬が狙い目。

とはいえ、やはりある程度の末脚がないと好勝負は難しいので、主流血統を持っているのもポイントでしょう。
エタンダールはディープインパクト産駒ですし、ステラウインドはゼンノロブロイ、ウインバリアシオンはハーツクライ。末脚を使える下地がありつつ、条件が好転する馬を狙うというのがポイントになるでしょう。

気になる馬はこの馬→人気ブログランキングへ
どの馬が出てくるのかが現時点ではわかりませんが、この馬は成績が安定しないながらもダービーを意識したようなローテに映りますし、末脚も堅実。
ゆきやなぎ賞でも実力をつけたのかな?と感じさせる内容だったので面白そうです。

青葉賞のまとめ
1.差し馬中心!枠は内外関係無し
2.穴を狙うなら、中山・阪神からの巻き返し
3.血統はサンデー系を含んだ主流血統がいい

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



青葉賞で走る穴馬のポイントはここをおさえろ!” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。