天皇賞(春)で単勝回収値2400円を超える穴枠とは

ダイヤモンドS 1周目 ビートブラックBy arima0208

今週日曜は古馬最高峰のG1レース、天皇賞(春)が京都競馬場で行われます。
圧倒的なスタミナを武器にしているゴールドシップとダービー2着、天皇賞(秋)2着と世代トップを争うフェノーメノが人気となりそう。
例年低レベル化が叫ばれる天皇賞(春)ですが、今年はそれなりにメンバーが揃ったかなという印象ですね。

それでも去年のオルフェーヴルのようなことがないとは言えません。
後悔しない馬券を買うためにもしっかり予習しておきましょう。

4コーナーで先頭を捉える位置にいないと勝ち負けは厳しい

天皇賞春の脚質
画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

天皇賞(春)は3200mという距離からスタミナ比べというイメージが強いのですが、それは半分当たりで半分は外れ
去年は3着のウインバリアシオンが上がり33.5を出していますし、2010年の勝ち馬ジャガーメイルは33.7の脚を使って勝っています。
他の年も34秒台の脚を使うのは求められており、ズブズブの決着にはなっていません。

天皇賞(春)の勝ち馬を見ていくとどの馬も4コーナーでは先行しているか先団に取りつく形で進出を開始しています
3200mにもなると二桁番手では先頭から大きく離れた位置になるので、直線だけでそこから差しきるのはほぼ不可能。

前目につけつつ、しっかりと脚を伸ばすことが出来る馬を狙うのが常道です。
ゴールドシップは後方から行く馬ですが、まくれるので問題無さそうですね。

1・2枠が好成績を残している一方、3・4枠は複勝回収率0%

過去5年の天皇賞(春)で枠別の成績を見ていくと1・2枠の成績が圧倒的
天皇賞(春)の枠別成績
画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
回収値が高いのはビートブラック(14番人気)、ヒルノダムール(7番人気)、マイネルキッツ(12番人気)と人気薄が多いから。
2枠で複勝圏に入った馬も上位人気していたのはアルナスライン(4番人気)だけ。穴馬は内枠にいるのかもしれません

逆に鬼門なのは3・4枠。過去5年でこの枠に上位人気で入った馬がいないので、実力通りといえばそれまでですが、複勝率0%。
同じ人気薄が多い1・2枠と比べても対照的な成績になっています。

以上を踏まえた上でもやはりゴールドシップの優位は揺るがないでしょうね。スタミナ性能が違いすぎますからね。
もう一頭人気しそうなフェノーメノも先行できるタイプでセンスがいいので問題ないように思います。

穴で狙うならこの馬でしょうか→人気ブログランキングへ
母系にスタミナがあるタイプではないだけに今ひとつピンとこないのも正直なところですが、近走は前目でレースをしていますし、スパッと斬れないですが長く脚を使えるイメージなので内枠に入れば狙ってもいいかもしれませんね。

天皇賞(春)のまとめ
・4コーナーで先頭集団に取りつく位置にいける馬
・穴馬は1・2枠から出る

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



天皇賞(春)で単勝回収値2400円を超える穴枠とは” への3件のコメント

  1. ピンバック: ア ナ コ ー 【穴】馬を【攻】略するブログ

  2. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  3. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。