平安ステークスが行われる京都ダート1900mで狙える脚質、狙えない脚質

エスポワールシチー 返し馬By arima0208

今週は平安ステークスが行われます。
これまで1月に行われていましたが、この時期へ移設。これは帝王賞のステップとして機能させるという意図でしょうか。詳しい方教えてください。

今年から100m延長されて1900mになった平安ステークス、どういう傾向になるかを考えてみます。

京都ダート1900mは追い込みはまず決まらない舞台

全般に先行馬が好成績を残しやすいダート競走ですが、クラスが上がるに従って差し・追い込み馬が好走する率も高くなってきます。
ただ、平安ステークスの行われるダート1900mは極端に追い込み馬の成績が悪いコース
平安ステークスが行われる京都ダート1900mでは追い込みはまず決まらない
参照:競馬予想データベース【KLAN.jp】


複勝率で4%を切っていて、複勝回収値も17円と期待薄な数字になっています。

これは1900mのスタート位置が直線入り口あたりでコーナーまでの距離があるため、先行争いが激しくなりにくくなり無理のないペースになりやすいからと考えられます
1800mがコーナーまでの距離がないために先行争いが激しくなることがあるのとは逆の傾向ということですね。

また、コーナーまでの距離が長いことで、外枠の馬も内にコースをとれるようになるので、1800mのときよりも外枠不利の傾向が薄れます
全般的には内がやや有利であることに変わりないんですけどね。

あと、なぜか四位騎手がやけに相性がいいってのも特徴。ってことはハタノヴァンクールかってことになるんでしょうが、この馬中央場所では前に行けてませんからね。地方ではさすがに追い込むような競馬はしませんけど、中央の重賞となれば怪しい雰囲気がプンプンします。59キロだし。

同じ59キロならニホンピロアワーズの方が信頼できるんじゃないでしょうかね。
ただ、この馬も乗り難しいようなところがあるので、取りこぼしの可能性は十分あると思う。

と、いうわけで注目しているのはこの馬→人気ブログランキングへ
逃げる展開が一番合っている同馬。そうなればニホンピロアワーズの目標にされてしまうとは思いますが、こちらは56キロで出走できますからね。
逆転の可能性があるとするならこの馬かなと思います。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。