デスペラードは危険!?目黒記念で狙うべき脚質は

目黒記念勝ち馬 スマートロビン(蛯名正義)by arima

ダービー当日の最終レースは目黒記念。だいぶこの組み方も馴染んできた感じですね。と、思ったら一昨年だけ土曜日だったんですね。

さて、目黒記念というとなかなかの荒れ具合になるレースというイメージが強いですが、去年は1番人気のスマートロビンが勝ちました。
と、いうか1番人気は2010年を除けば毎年連対しているんですよね。ただ、2着ばっかりですけど。

目黒記念は逃げ・先行馬が強い

目黒記念はダービーから100m距離が伸びただけのコースですが、東京2400mで求められる適正とは大きく異るのが特徴。
2400mでは切れ味勝負になることが多いのに対して、2500mでは切れ味に劣る逃げ・先行勢が圧倒的に成績を上げます

東京2500mの脚質別の成績
東京2500mの脚質別の成績参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


とにかく斬れが重視されるイメージのある東京の芝コースにあって、どうしてこういった結果になっているかを考えてみると、まず目黒記念では軽ハンデの馬が活躍していることが1つのカギでしょう。

G2のハンデ戦ということもあって、軽ハンデになる馬は条件戦上がりの馬が多くなります。
条件戦は長距離レースでもスローの瞬発力勝負になり、速い脚に劣るステイヤータイプはその力を発揮しにくいレースでの戦いを強いられます。
しかし、条件が上がってくると長距離レースでも比較的流れる展開となり同じ距離でもスタミナの求められる割合が多くなってきます。そうなればスタミナ豊富なステイヤータイプがバテない脚をいかして押し切るというレースになることが多くなり、結果として斬れ味で劣る逃げ・先行馬が台頭するのでしょう。

目黒記念で狙いたいのもこういうスタミナタイプ。

いかにもスタミナ色が濃い馬を狙う

次に血統の傾向を見てみましょう。

目黒記念はいかにもスタミナ色が濃い馬を狙う参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


目黒記念の勝ち馬の血統を見ると、マヤノトップガンやオペラハウス、メジロマックイーンと自身が天皇賞(春)を勝った馬や産駒が天皇賞(春)を勝った馬の産駒が活躍しているのがわかります。
連対馬も同じような傾向で、いかにもスタミナ色が濃い馬を狙うのがベターと言えそう。

とはいえ、必須と言えるほどでもないとは思うので、あればプラスくらいの感覚でいいような気はします。

今年はアドマイヤラクティ、カポーティスター、タッチミーノット、ヒットザターゲットと今年に入って重賞を勝っている馬が4頭いますし、長距離での重賞実績のある馬もおり、まずまずのメンバーが揃いそう。こうなると条件戦上がりの軽ハンデ馬を狙うのはなかなか勇気がいりますが、1番人気以外は飛ぶことも多いレースなので注目はこの馬です→人気ブログランキングへ

前走はスローの流れを前目から押し切ったという感じのレースですが、注目したのは4走前の500万条件。中山2200mで行われたレースですが、中盤12秒そこそこの息の入らない流れを逃げて5馬身差。この内容を評価します。
父ゼンノロブロイ、母父スピニングワールドはスタミナのある血統とは言い難いですが、祖母はテイエムオペラオーの母ワンスウエドで底力はありそう。
自身も速い上がりで勝負するタイプではないので目黒記念には合うんじゃないかと思います。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



デスペラードは危険!?目黒記念で狙うべき脚質は” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。