馬柱を見れば5秒で本命がわかるエプソムカップ

11R勝ち馬 トーセンレーヴ(N.ピンナ)2by arima0208

ロードカナロアは強かったですね。あの騎乗についてはいろいろ言われてますが、馬は文句無しだったと個人的には思ってます。
一方で期待したグランプリボスはいきなりかかって直線も進路なく惨敗。つくづくボクとは馬券の相性が悪い馬です(笑)

さて、今週は5週連続G1も終わって一段落の東京競馬場では日曜にエプソムカップが行われます。
宝塚記念の前ですし、やや手薄なメンバーになりやすい時期の重賞。今年もザ・G3みたいなメンバーですね(←失礼)

上位人気が安定して走っているエプソムカップ


エプソムカップは1番人気が安定して走る
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】
手薄なメンバーのG3では波乱のイメージを持っても不思議はありませんが、意外にもエプソムカップは上位人気が安定して走っています
特に1番人気はこの5年で3勝2着2回とパーフェクト連対。2番人気・3番人気も馬券によく絡んでいて、1番人気から2、3番人気のワイドを買ってればほぼ当たるくらいの成績になっています。

上位人気馬が安定して走るのですが、同時に1頭は穴馬が激走するレースでもあるのがエプソムカップ。
昨年も単勝146.9倍のマイネルスターリーが3着に入り、三連単は14万馬券でした。

小回り適性が高い穴馬が多い


過去エプソムカップで穴を開けた馬に共通するのは重賞での連対実績があったこと
マイネルスターリーは函館記念を勝った馬ですし、キャプテンベガは東京新聞杯2着の実績、グラスボンバーは福島記念勝ち馬です。

このうちマイネルスターリーとグラスボンバーはローカルの重賞勝ち馬。
斬れ・瞬発力というキーワードのイメージが強い東京ではこうしたローカル重賞勝ち馬の評価が落ちやすいですが、開催が進んだ東京競馬場で行われていることでローカルで生きるパワーや持続力がエプソムカップでも生きてくるのではないでしょうか。

まあ、メンバー的にも微妙でローカル重賞で勝ち負けできるだけの能力があればココも好走できるということかもしれませんけど。

一応開催が進んでパワーが求められてきやすい馬場状態にあるということは抑えておいた方がいいでしょう。

現時点でエプソムカップはこの馬に注目しています→人気ブログランキングへ
血統から斬れのあるタイプという印象を受けやすいですが道悪での好走があったたりするように、やや上がりのかかる馬場の方が合っています。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



馬柱を見れば5秒で本命がわかるエプソムカップ” への2件のコメント

  1. ピンバック: 激走!データ競馬ブログ

  2. ピンバック: 高確!データ競馬

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。