マヤノトップガン産駒がいない函館記念で狙うべき血統と好走率の高い脚質は

Horses
by Kamil Porembiński

七夕賞はマイネルラクリマとタガノエルシコでワイドがヒット。ありがたやありがたや。
今週もこの調子でいきたいもんです。

今週は函館記念。マヤノトップガン産駒のお祭りレースなんですが、今年は残念ながら出走なし。
ただ、狙いとしてはそれほど変わらないですので傾向をしっかり抑えておきましょう。

函館記念はラップの上下が少なく、持続力重視のレース


函館記念はラップの上下が少ない持続力重視のレース
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

函館競馬場は見たとおり直線が短くコーナー部分が多いレイアウト。
スピードの出しやすい直線部分が短いため、スタートからゴールまでペースのアップダウンが少なく、一貫した流れに近い形でレースが進むことが多くなっています

さらに洋芝で独特のパワーが求められるため、切れの要素が求められることは少なく持続力が重視されるレースです。

マヤノトップガン産駒がこのレースで好成績なのも、こうした傾向と関係があるでしょうね。
マヤノトップガン産駒は切れが売りの産駒はそれほど多くないですから。

函館記念と相性の良い血統


マヤノトップガン産駒は今年出走しないので、他に相性のいい血がないかを探してみましょう。

函館記念で相性のいい血統は
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

まず筆頭に上がるのがグレイソヴリン系
トニービンやコジーンの系統ですね。この系統は持続力勝負に強く函館記念の傾向と相性がいいですね。

他には欧州型のノーザンダンサー系やマヤノトップガンと同じ系統のロベルト系なども良さそう。

逆にサンデーサイレンス系はそれほど良くなく、ダンスインザダークやマンハッタンカフェなど、長距離実績があったサンデーサイレンス系が多少走っているかなという印象です。

脚質的には追い込み馬はほとんどノーチャンス。先行・差しが中心です。後方からのレースをするならマクリに近い形でないと厳しいでしょう。

函館記念の現時点での本命印はこの馬

中団〜前目からレースできますし、血統面もジャングルポケット産駒とぴったりです。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。