語るまでもないが改めてアイビスサマーダッシュの傾向3つをおさえよう

Kanoyazakura
by kanegen

先週で福島と中京の開催が終わり、今週から新潟と小倉の開催が始まります。
新潟開幕週は新潟名物直線1000mのアイビスサマーダッシュ。

傾向は語り尽くされたところがありますが、今一度お付き合いいただければ幸いです。

アイビスサマーダッシュでは外枠優位


アイビスサマーダッシュはコーナーのない直線のみのコースです。
新潟の直線はAコース使用時で幅員が25mあり、痛みが少なく良い状態の外ラチ沿いに各馬向かってくるのが定番です。

馬場のいいところを取りやすいということからアイビスサマーダッシュでは外ラチに近い外枠が優位

過去の成績を見ても6枠〜8枠の好走が目立っています
アイビスサマーダッシュは6枠〜8枠の好走が多い
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

新潟直線1000mの条件全体で見ると、アイビスサマーダッシュほどではないもののやはり外目の枠の方が優勢な結果となっています。
アイビスサマーダッシュの舞台新潟直線1000mは外目の枠の方が好成績

新潟直線1000mの傾向だけを見ると決して内がダメということはないのですが、重賞クラスになると皆それなりにダッシュ力も高く、内枠・外枠の馬場差の影響が大きくなるのかもしれませんね。

夏は牝馬!アイビスサマーダッシュでは牝馬が強い


昨年はパドトロワが牡馬で久しぶりの制覇を成し遂げましたが、2005年から2011年までの実に7年間を牝馬がアイビスサマーダッシュを制していました。

夏競馬の格言の一つ「夏は牝馬」を表す重賞なのがアイビスサマーダッシュです。

牝馬が強い重賞ではありますが、過去5年で牝馬同士の決着はなく、連対馬の占める割合としては牡馬が多くなっています。組み合わせて買うなら”牝馬ー牝馬”ではなく”牝馬ー牡馬”の組み合わせがベターであることは頭の片隅に置いときましょう。

アイビスサマーダッシュはミスプロ系とバクシンオー産駒


コーナーのない直線1000mのコースは当然スタートからゴールまでほぼ全速力のレースとなります。
人間の100m競走みたいな感じですね。

こうしたレースではサンデー系特有の瞬発力よりもアメリカ的なスタートから飛ばしていく能力が重要になってきます。
過去の連対馬の血統を見てもダート戦に強いアフリート産駒やスウェプトオーヴァーボード産駒、スクワートルスクワート産駒といったミスプロ系が好走しています。
また、日本独自の血脈になってきているサクラバクシンオー産駒も好相性となっていますね。

アイビスサマーダッシュの傾向まとめ

  • 外目の枠が有利
  • 牝馬が強い
  • ミスプロ系とバクシンオー産駒に注目

アイビスサマーダッシュの現時点での本命予定馬はこの馬にしようと思います→アイビスサマーダッシュの本命予定

ミスプロ系でもサクラバクシンオー産駒でもないんですが、昨年、一昨年とこのレースを好走したエーシンヴァーゴウと同じ父ファルブラヴ。
テンからのスピードも十分で牝馬。外枠ならなお良しですね。

相手にはスピードがあるタイプからジリ脚でもバテない差し馬までを選びたいですね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。