レパードステークスを攻略するために抑えておくべき3つのポイント

大井競馬場 - [東京散歩]
by Tranpan23

今週末は新潟でダート3歳重賞のレパードステークス。
ついこの前新設されて、えらい強い馬が勝ったなーと思っていた(第一回はトランセンド)ら、もう今年で5回目なんですね。時が経つのは早いものです。

まだまだ回数が少ないということで、傾向をしっかり押さえておきましょう。

レパードステークスで勝ち負けする馬は2パターンある


レパードステークスで狙える馬には2通りあります。

まず1つ目が3歳オープンクラスや交流重賞で結果を出してきた馬
特にジャパンダートダービーで上位争いをした馬が出てきたら素直に従うほうが吉。ケイアイレオーネはジャパンダートダービー3着。買える馬には該当しますが、1.3秒も離されているのは気になりますね…。

今年は兵庫チャンピオンシップを走った馬もいませんし、少々狙いにくいですね。
関東オークスも時計面が少し微妙だし…。


もう1つの狙い目が、古馬混合1000万を突破した馬
今年はこちらの登録馬が多いですね。
この時期の1000万では3歳は斤量が軽いこともあって有利と言われますが、やはり実力がなければ勝てません。
古馬混合の1000万で通用する力があればレパードステークスも好走できるというのは過去の傾向からも明らかです。

今年はココから狙うのがいいんじゃないでしょうか。

レパードステークスが行われる新潟は直線が長いが


新潟ダート1800mは東京、中京についでダートの中では長い直線があるコース。
ですが、東京・中京とは異なり坂はなく平坦コース。それもあってか長い直線のわりには先行馬が有利になっています。

過去のレパードステークスでも先行馬が上位争いをすることが多くなっていて、先行馬狙いがセオリーといって良さそう。

ただ、先行馬優勢でも平坦で長い直線だけあって、メンバー中上位の上がりを使わないとなかなか好勝負は難しいようです。

先行できるスピードがありつつ、これまでのレースで上位の上がりを使っている馬が一番の狙い目になるんじゃないでしょうか。

レパードステークスの狙いまとめ

  • 交流重賞組か1000万突破組
  • 先行馬
  • これまでに上位の上がりを使った実績

現時点での本命予定はこの馬→レパードステークスの本命予定

2走前はスタートで挟まれるような形になって最後方からでしたが、直線すごい脚を使って3着。
前走は五分のスタートから危なげない競馬と1000万のレースで余裕を見せる競馬。
まだまだ上昇の余地がありそうです。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。