エルムステークスの勝ち馬を導くために欠かせない2つのポイント

Horse Racing
by IdaBet.com

夏の北海道シリーズも今週と来週でフィナーレを迎えます。
今年は札幌競馬場がスタンド工事で使用できず函館競馬場でのロングラン開催となりましたが、馬場の変化に富んだ面白い開催になりましたね。

先週の札幌記念も個人的には難解を極めたレースで、結局は手出しせずにケンしました。
ロゴタイプもあの馬場なら負けの言い訳も立ちますし、まだまだ見限れないでしょうね。

さて、今週は秋のダート路線を占う重要レース、エルムステークスが行われます。
昨年はローマンレジェンドとエスポワールシチーの2強対決で盛り上がりましたね。
今年はビッグネームこそ登録していないものの、秋の重賞路線で活躍してくれそうな新星が何頭かいますね。
早速傾向を見て行きましょう。

エルムステークスは先行馬が有利


エルムステークスは先行馬が有利
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

エルムステークスでは上位争いをするには、先行から差しのポジションで競馬ができる能力が必要です。
追い込み一手の脚質では小回りの競馬場だけにどうしても脚を余してしまいがち。

過去5年の成績を見ても、道中二桁番手から3着以内に入ったのは昨年のグランドシチー1頭だけで、後はすべて一桁番手から。

函館競馬場のダートコースは軽い砂質をしていると言われますし、狙いは先行〜差し馬で極端な競馬しか出来ない馬は割引と考えて良いでしょうね。

エルムステークスは芝寄りの血統が活躍するレース


エルムステークスは芝寄りの血統馬が活躍するレース
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

エルムステークスで好走する馬を見ていくと、スペシャルウィーク産駒(ローマンレジェンド)やキングカメハメハ産駒(グランドシチー)、シンボリクリスエス産駒(ランフォルセ・マチカネニホンバレ)、マンハッタンカフェ産駒(エーシンモアオバー)など芝でも活躍馬を出す父を持った馬が多く活躍しています。

より見ていくと、母父がダート適正の高い血だったりするんで、ダート適性も必要なんでしょうが、上にも挙げたとおり函館は砂質が軽いと言われており、エルムステークスも上がりが比較的速いレースになることが多く、他のダート重賞よりは切れ味的な要素が求められやすいレースといえるかもしれません。

そのため、やや芝に寄った適正があったほうがプラスに働くのかもしれません。

エルムステークスの傾向まとめ


  • 先行馬または差し馬から狙う
  • 追い込み馬は割引
  • 芝寄りの血統馬に注目

この点を踏まえての現時点でのエルムステークスの本命馬はこの馬→エルムステークスの本命候補

おそらくここでは人気の一角を担う馬になるでしょうが、オープンも楽に突破してダートでは底を見せていません。
ダート戦を連勝してきた馬が重賞で頭打ちになるケースは少なくありませんが、この馬なら大丈夫かなと思います。芝でも重賞勝ってますしね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。