新潟2歳ステークスで重要になる3つのポイントをまとめたよ

The 46th Kokura Kinen(Kokura Racecourse)
by kanegen

日曜の新潟競馬場では2歳重賞の新潟2歳ステークスが行われます。
ここ3年は新潟2歳ステークスで好走しつつも負けた馬が後に重賞を勝っているように後の活躍馬がでているレース。

今年はどんなダイヤの原石がいるか楽しみですね。
早速新潟2歳ステークスの傾向を見て行きましょう。

新潟2歳ステークスは差し馬が中心


新潟2歳ステークスは差し馬が中心
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

新潟の外回りで行われる新潟2歳ステークスは開催が進んでいることと、この長い直線の影響から差し馬が勝ち負けの中心になっています。

上の画像を見ても分かる通り、この5年で先行して馬券に絡んだのは2010年2着のマイネルラクリマと2008年3着のバンガロールだけ。
後はすべて差し・追込勢が上位を独占しています。

これだけ顕著に傾向が出るレースというのも珍しいですよね。

新潟2歳ステークスは前走上がり上位を狙う


差し馬の勝ち負けが圧倒的に多いこととも関連がありそうですが、新潟2歳ステークスは前走で上がり1位または2位を出した馬の好走が非常に多くなっています

新潟2歳ステークスは前走の上がりタイムが重要
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

画像は昨年の勝ち馬ザラストロの戦績。新潟2歳ステークスの前走は同じ新潟のマイル戦(未勝利)で33.7の上がり。この上がりは出走馬中1位の上がりタイムでした。

他の年の連対・好走馬をみてもほとんどが前走上がり1位か2位
2歳戦ではスピード能力の違いで前に行って押し切る馬も多いですが、1600mという距離もあってスピードだけでは押し切れないのが新潟2歳ステークスの姿と言えそうです。

新潟2歳ステークスは滞在馬を狙え


またザラストロを例にあげちゃうんですが、見てほしいのは新潟2歳ステークスの前走がどこの競馬場だったか。

新潟2歳ステークスは滞在馬を狙え
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

同じ新潟競馬場ですよね。
ザラストロの例のように新潟2歳ステークスは前走も同じ新潟でレースを走った馬の好走が多くなっています
レースの条件はあまり関係なく、新馬でも未勝利でもダリア賞でも大丈夫。距離もそれほど関係ない印象です。

まだ精神的にも幼い若駒ですから、輸送で神経をとがらせてしまうと影響が大きいんでしょうね。

新潟2歳ステークスの傾向まとめ


  • 差し・追い込み馬が中心
  • 前走上がりが1位または2位の馬に注目
  • 前走も新潟を使っている滞在馬が狙い目

以上の傾向を踏まえての新潟2歳ステークスの本命予定馬はこの馬→新潟2歳ステークスの本命予定

デビューは東京でしたが、2戦目はダリア賞。出負け気味で大外を回る競馬になりましたが、良い脚で伸びてわずかに及ばず2着。
ゴール前で脚が止まったようにも見えなくもないんですが、ロスの大きい競馬でしたし、まだまだ伸びる要素はありそうということで本命予定に指名しました。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。