札幌2歳ステークスの好走馬を見分けるための2つのポイント

Tokyo Race Course
by kanegen

札幌競馬場のスタンド工事でロングラン開催となった函館競馬場もいよいよ今週で最後。
最後を飾るのは札幌2歳ステークスです。

近年ここを勝った馬は後々も出世しているだけに注目のレース。
早速傾向を見て行きましょう。

札幌2歳ステークスは先行馬に注目


札幌2歳ステークスは先行馬が中心
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

近年はコディーノやグランデッツァなど後の重賞馬や、負けていますがゴールドシップ、アヴェンチュラなど後にG1を勝つ馬を排出している札幌2歳ステークス。

直線の短い札幌コースで行われることもあってなのか、比較的先行馬が中心のレースとなっています。

切れ味に秀でた馬はためて届かずというレースになることが多いイメージで、機動力があるタイプの方が信頼できそう。

新馬で1800mを使った馬はスローの展開で瞬発力勝負になることが多いので、安定感が今ひとつなんですが、以前までは札幌1500mを使った馬の好走が多く見られました。これは1800mよりも締まった流れになりやすく、スピード能力が求められるからでしょう。

しかし今年は1500mのレースがない函館での新馬開催となっていますから、そのあたりの取捨が難しいところ。

東京や阪神、中京のマイル戦を使った馬をどう評価するかというところはなかなか悩ましいですね。
個人的にはどスローの展開でなければある程度評価してもいいのかなとは思っています。

前目に行きつつ上がり上位の馬を狙う


レベルのばらつきが多い2歳戦では、能力だけで勝ってしまう馬も多くいます。

スタートが悪くいつも後ろからのレースになるゴールドシップもデビュー2戦目のコスモス賞は4番手からの競馬をしています。
このように、能力があれば後に追い込み脚質となる馬でもスピードの違いで前に行けるのが2歳戦。

さらに能力が高い馬は前に行きつつレースで上がり上位を記録するのが珍しくありません。

逆に言えば前に行きつつ上がり上位を記録できれば能力上位というジャッジができます。

札幌2歳ステークスで好走する馬には先行しつつ上がり上位を記録してきた馬が多数います。

今年は舞台が函館に移りますが、狙い方としては例年のデータは通用すると見ています。
今年も先行しながら上がり上位を記録している馬は注視したいですね。

札幌2歳ステークスの傾向まとめ

  1. 勝ち馬には先行馬が多い
  2. 前走で先行しつつ上がり上位の馬には注目

この条件を踏まえての本命予定はこの馬→札幌2歳ステークスの本命予定馬

前走の勝ち馬も有力ですが、この馬もポテンシャルは高そう。前走が大外枠。もう少し内の枠ならまた違ったと思える内容だったので評価しました。今回はあまり外に入らないといいんですがね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。