過去5年のデータから見るデイリー杯2歳ステークスの狙い馬の見つけ方

馬
by Kennosuke Yamaguchi

今週から開幕する京都では2歳重賞デイリー杯2歳ステークスが行われます。
近年、ココを好走した馬はG1まで制した馬がいるように出世レースの1つ。今年はどの馬が出世レースで好走するか、将来を含めて楽しみです。

早速過去のデータからデイリー杯2歳ステークスの傾向を見て行きましょう。

データからみるデイリー杯2歳ステークス


過去5年のデイリー杯2歳ステークスの3着以内馬はこんな感じ。

過去5年のデイリー杯2歳ステークスの勝ち馬
参考画像:無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

サンデー系の産駒が目立ちますね。

コースも京都のマイルコースということで直線が長いため瞬発力勝負になりやすいイメージがわきますが、デイリー杯2歳ステークスでは意外と上がりが速くなることはなく、最低限の瞬発力にプラス持続力が必要になるイメージ

アグネスタキオン産駒とかダンスインザダーク産駒が活躍していますが、アグネスタキオン産駒はスピードに優れた馬が多いですし、ダンスインザダーク産駒は瞬発力勝負は苦手ですが、一定ペースの競馬は得意な馬が多いのでこのレースでも活躍しているんでしょう。

注意したいのはサンデー系に限らず、どスローの新馬戦を速い上がりで勝ってきた馬
求められる質が違うので派手な勝ち方をしていてもこのレースでは力を出せないなんてことも考えられます。
そういう競馬で人気している馬がいたら注意しましょう。

先行経験がある馬に注目


デイリー杯2歳ステークスでは瞬発力勝負になりにくいこともあってか、毎年2番手以内につけた馬が連対しています

でも、実際のレースでどの馬が逃げるかを当てるのは難しいですよね。
そこで注目したいのが過去のレースで先行経験があるかどうか

過去5年で先行して3着以内に入ったテイエムイナズマ、クラウンレガーロ、ゲンテン、エイシンアポロン、ホッコータキオンはすべてデイリー杯2歳ステークスまでに先行経験があった馬。

若い2歳馬ということもあって、先行している経験があるかないかは大事なんでしょうね。

デイリー杯2歳ステークスでは牝馬は不利


そもそも参戦が少ないというのもありますが、デイリー杯2歳ステークスでの牝馬の成績は良くなく、過去5年で連対したのは2010年の勝ち馬レーヴディソールただ一頭。

レーヴディソールはこの後にG1を勝つ馬ですからね…。

それ以外の年は3着以内もなく、牡馬が圧倒しています。
昨年のサウンドリアーナのようにそこそこ人気になっていても飛び抜けた馬で無い限りは牝馬はあまり狙ってはいけないんじゃないでしょうかね。

デイリー杯2歳ステークスのデータ傾向まとめ

  • 瞬発力タイプよりも持続力タイプ
  • どスローの上がり勝負で勝ち上がってきた人気馬は注意
  • 先行経験のある馬に注目
  • 牝馬は割引

以上の傾向を踏まえての本命予定馬はこの馬→デイリー杯2歳ステークスの本命予定

正直今年は難しいメンバーですね。ホウライアキコが実績はNo.1で、人気になりそうですが牝馬だし、レーヴディソールほどの器ではなさそうだし。
でもこのメンバーなら通用しても…という感じがしなくもなかったり…。

歯切れ悪いですねw

ただやはり牝馬というのが気になるところ。本命予定のピークトラムは新潟2歳ステークス3着。
父はチチカステナンゴで切れタイプではないでしょう。同じマイル戦での先行経験をかっての本命予定とします。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。