京都大賞典を過去のデータで洗ってみると、よりゴールドシップが浮かび上がる

Ibis Summer Dash
by kanegen

日曜は東京で毎日王冠が行われますが(展望記事はこちら→過去5年のデータで見る毎日王冠はスピード持続タイプが有利だが…)同日、京都では京都大賞典が行われます。
最近はこの距離のせいかメンバーが集まらなくなってきている感のあるレースですが、今年はゴールドシップが登録してきました。

宝塚記念では先行してジェンティルドンナ、フェノーメノに圧勝する強さを見せたゴールドシップの秋初戦ということで注目ですね。

馬券も気持ちよく当てるべく京都大賞典の過去のデータをみながら傾向をおさえておきましょう。

京都大賞典はスタミナタイプの馬が狙い目


2400mという距離からも想像できるように京都大賞典はスタミナタイプが優勢

ただ、スタミナタイプの中でもしっかりした末脚が使えるタイプが一番の狙い目と感じます。
イメージは道中ゆったり進むのが合う一昔前のステイヤータイプ。東京の2400mなんかだと少し瞬発力が足りなくて届かないそんなタイプが良いと思います。

ゴールドシップは、、、合うでしょうねえ。

京都大賞典はノーザンダンサー系に注目


京都大賞典はノーザンダンサー系に注目

京都大賞典で好走している血統を見て目立つのがノーザンダンサー系を持っている馬
まあ、上のイメージの中に7頭ノーザンダンサー系を持った馬がいますが、その内4つはオウケンブルースリなんですけどね。

ただ例年のラップタイムを見ても極端な上がり勝負になることは少なく、持続力が問われる展開になるケースが多いのでそこでノーザンダンサー系の粘りが活きるんでしょうね。

京都大賞典の傾向まとめ

  • 末脚がしっかりしたステイヤータイプ
  • ノーザンダンサー系を持つ馬は好相性

この傾向を踏まえて考えても、まあ本命この馬でしょう→京都大賞典の本命予定馬

ここは相手探しになるのはしょうがないでしょう。
相手候補筆頭はトーセンラー。京都が得意な馬で、ディープ×母父ミスプロ系で一見すると軽いタイプに見えますが、母系はサドラーズウェルズやリファールが入る欧州型で重めの血統。スパッと切れるタイプではなくややステイヤー寄りだと感じてます。

もう一頭あげるならアドマイヤラクティ
ハーツクライ×エリシオでいかにも長い距離という感じの血統。良い脚を使いますが、東京で瞬発力を活かす!というタイプではないと思うんですよね。
前走の敗戦で人気が落ちるようなら面白いですね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントは受け付けていません。

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。