データの少ないアルテミスステークスで重視すべきかもしれない3つの要素とは

パドック - 大井競馬場[東京散歩]
by Tranpan23

昨年創設されたまだ新しい重賞アルテミスステークス。
ここを2着したアユサンが後に桜花賞を制して、早速G1馬が出た重賞となりました。

今年はここから後の活躍馬が出るのか、注目ですね。

アルテミスステークスはマイル以上経験馬が有利


昨年の1回のみのデータしかありませんが、連対馬3頭(コレクターアイテム、アユサン、ウインプリメーラ)のうち2頭(コレクターアイテムとウインプリメーラ)は前走が1600mのマイル戦を経験した馬でした。


2歳馬の府中マイルという条件は、1200m戦のようにスピードの違いだけでは勝つことが出来ませんから、道中折り合って終いしっかり脚を伸ばすという競馬ができないと厳しいです。1200m戦のみの経験ではそうしたレースになることは少ないですから、経験の違いが出てくる可能性は高いと見ています。

末脚がしっかりした馬が良さそう


また昨年のアルテミスステークスの結果からになりますが、コレクターアイテムとアユサンは前走で上がり1位を出していた馬


先程も書きましたが、マイル戦という舞台である以上は前向きなスピードだけで押し切るのは難しいです。

スピード自慢が直線では失速することが多いですから、必然的に差し馬が優位となります。
差し脚比べになれば当然瞬発力がある馬が有利ですから、前走で上位の上がりを出していた馬がアルテミスステークスで結果を出すことにつながるんでしょう。

アルテミスステークスは関西馬に注目したい


昨年の2着馬アユサンは美浦所属の馬ですが、1着コレクターアイテムと3着ウインプリメーラは栗東の馬


桜花賞の時期になっても輸送を苦にして力を発揮できない馬も多くいます。それが2歳の牝馬となれば余計に輸送には気を使うでしょうし、リスクも伴います。

それでも出走してくる馬というのは本気で勝ちに来ている証拠。だからこそ関西馬が1、3着という実績を残しているんじゃないかと思います。

まあ、馬のレベル云々という問題もある程度はあるかと思いますが、このスタッフの本気度が馬や騎手のモチベーションにつながっていると思います。
というわけで関西馬が出てきたらチェックしたいですね。

アルテミスステークスの事前予想


アルテミスステークスの本命予定はこの馬

デイリー杯2歳ステークスは速いペースの中、道中でかかってしまったのか後方から位置取りを上げてしまい、直線の入り口ではもうダメか、、、という内容。ただ、そこからしぶとく最後もう一伸び。あれがスムーズだったら、と思わせる内容でした。

かかってしまったなら問題有りだとは思いますが、能力的な高さを感じさせる点が魅力です。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。