エリザベス女王杯とデニムアンドルビーと期待と不安

Yokoyama Norihiro
by kanegen

今週はエリザベス女王杯ですね。

昨年は雨の中のレースで本命に指名したレインボーダリアが抜け出してきて大興奮しました。
ズバッ!と◎ー◯で決まったのは昨年のエリザベス女王杯まで遡るかも…。

と、まあ個人的にいい思い出のあるレースです。


今年の注目馬は牝馬2冠のメイショウマンボでしょうか。
ボクの注目馬は条件的に向かなかった秋華賞から条件が好転するデニムアンドルビーです。
その理由とエリザベス女王杯の傾向を合わせて見て行きましょう。

エリザベス女王杯は3歳馬優勢


エリザベス女王杯は古馬の牝馬とクラシックを戦ってきた3歳牝馬がぶつかり合うレース。

過去5年では3歳馬2勝、古馬3勝と古馬牝馬が勝ち越していますが、複勝圏に入った率でいうと3歳馬も悪い成績ではありません。

エリザベス女王杯の3歳馬の成績
エリザベス女王杯は3歳馬が好成績

3歳馬で好走しているのはいずれも秋華賞を使ってきた馬(外国馬のスノーフェアリーは除く)。
順調に使えていることが好走の第一条件でしょう。

切れる脚が必要だが、持続力も必要になる


京都競馬場は軽い馬場になることが多いためか、エリザベス女王杯でも軽い馬場に対応する切れ味は必須。

ですが切れ味だけでは勝ち切ることは難しく、そこそこ切れる脚を持ちつつも持続力もあるタイプが好走傾向にあるように思います。

昨年2着のヴィルシーナは持続力のあるディープインパクト産駒。
スノーフェアリーはヨーロッパのレースを勝つタフさを持った馬。
リトルアマポーラも上がり上位を何度か記録していますが、切れがウリというタイプではありませんでした。

ここ最近大逃げが多いレースだけにペースやメンバーにもよるところはありますが、切れだけでは少々不安とおさえておきましょう。

エリザベス女王杯の本命予定馬


エリザベス女王杯の本命予定馬

冒頭にも書きましたが、本命予定はデニムアンドルビー。

スタートしてからのダッシュに難のある馬で、小回りになる秋華賞はそこを懸念していましたが、モロに影響を受けました。

今回同じ京都ながら外回りになるので条件的には好転。この馬の力を出しやすい舞台になると捉えていいと思います。
ただ、なんか信用しきれないんですよねえ。。

秋華賞の時も心配していたことなんですが、ローズステークスが道悪。その中を最後方から豪快に差しきるという派手なレースぶり。
この馬の力をまざまざと見せつける形になったんですが、同時に疲労の残りそうなレースぶりにも映りました。

秋華賞の行きっぷりが悪かったのももしかするとローズステークスのダメージがあったからなのかな…なんて思うと強気には狙いにくいところがあるんですよね。

この馬のライバルになるのはメイショウマンボかホエールキャプチャでしょう。
まあ、このメンバーならヒモに穴馬が飛び込んできても不思議はなさそうですね。
なかなか難解なレースになりそうです。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。