ジャパンカップダートの好走馬を見極めるのは芝的な要素だ

If Your Pants Are On Fire, Being A Liar Becomes Less Important
by busyPrinting

今週末はダートのG1ジャパンカップダート。

パンツオンファイア(ブリーン厩舎)の参戦に盛り上がっています。ちなみに鞍上はゲリー、、いやゲイリー・スティーヴンス。

週末が近くなるにしたがってパンツが紙面を踊ると思うと胸が熱くなります。
ちなみに、11/26付のデイリーでは「パンツ状態は前走以上」パンツ、仕上がってるみたいです。


仕上がりのいいパンツの話は置いといて、ジャパンカップダートの傾向をまとめてみましたのでご覧ください。


芝並の上がりが求められるジャパンカップダート


ジャパンカップダートというと、エスポワールシチーやトランセンドのような逃げ馬が活躍するレースというイメージが強いんですが、ラップを見てみると意外にも直線では芝コース並の11秒台の上がりになることがあります

2013年のジャパンカップダートのラップタイム
ジャパンカップダートでは速い上がりを記録することも珍しくない

こんなラップなのに逃げ切って勝ってしまうエスポワールシチーやトランセンドは別格としても、相手にはこうした切れに対応出来る芝適正のある父を持った馬がよさ気。


一応ことわっておくと、当然ダートの適正がある上での話。芝馬を買えってことではないのでご注意を。

基本は後方待機策は厳しい


切れのある馬、と書くと道中は脚をためて直線に賭けるタイプを狙えと聞こえるかもしれませんが、ジャパンカップダートもダート戦。
セオリー通りに先行馬が中心になるので追い込み馬の一発を狙うのはあまり賢い方法とはいえない気がしますl


追い込み馬よりベターなのは前の様子を見ながら走れる差し馬でしょう。
ある程度のポジションにつけられる、芝でも通用するような血統の馬が穴として面白そうです。


ジャパンカップダートの本命予定馬


今年はホッコータルマエがどれだけ強い内容を見せるか、というところが最大の見どころかなと思いつつも、本命予定馬は別の馬を指名。

ジャパンカップダートの本命予定馬

ホッコータルマエにエスポワールシチー、ローマンレジェンド、ワンダーアキュート、新星のベルシャザールと面白そうな馬が何頭もいますが、ボクの本命予定馬もまだまだ底を見せていないと思うので、どこまで通用するかが楽しみ。

血統的にも、父フジキセキで母父はサドラーズウェルズの系統。ダート適性は十分ながらも、芝をこなすような下地もあります。つーか、この馬過去に芝の重賞勝ってますしね。

ま、なかなか難解なレースになりそうですね。とりあえず枠が確定するまではこれをベースに考えたいと思います。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。