金鯱賞を的中させるために必要な血統知識とは

土曜日はステイヤーズステークスの他に中京で金鯱賞。

キンコ賞。(←変換しても出てこない)
キンコ賞の翌日はパンツ(オンファイア)!楽しみな週だ!

タマにはこんな話題も面白いかと思って書いてみました。
男っていつまでもこういうネタが好きですね。ハハハ。

さて、キンコ賞の傾向をまとめました。次からは真面目にイきます。


金鯱賞の舞台、中京2000mはディープの庭。だが、


昨年からこの時期に移設された金鯱賞。データ的に少ないので、コース分析からアプローチしてみます。
まずは、種牡馬別の成績を見てみましょう。


中京芝2000mの種牡馬別成績はディープインパクトが圧倒的な成績。
金鯱賞の中京2000mはディープインパクト産駒が圧倒的な成績

こうやって書くと、ああディープインパクト産駒らしい切れが要るのねとなりますが、2位はハーツクライで3位がステイゴールド。この2頭はサンデー系の中でもスタミナ色が強い馬。実際昨年はステイゴールド産駒のオーシャンブルーが勝ってます。3着もハーツクライ産駒でしたね(アドマイヤラクティ)

と、いうわけで中京2000mはスタミナが必要になる傾向のあるコースと言えそうです。

中京は開幕週でも差しが狙える


金鯱賞が行われるのは冬の中京開幕週。

開幕週だから馬場がよくて先行馬が活躍する、というのが通常のセオリーですが新しくなってからの中京競馬場は開幕週でも結構差しが届くんです。

データを見てみても、ホラ。
中京芝2000mは差し馬が好走しやすいコース

先行馬の倍近く差し馬がいるのに、勝率も複勝率もそれほど大差ないでしょう?
他のコースだと絶対数の少ない逃げ・先行馬が勝率も複勝率も高くなりやすいのに、中京芝2000mは先行馬と差し馬でそれほど差がないんです。


ちなみに去年も先行馬が全滅して馬券に絡んだのは差し馬。
今年も差し馬に注目しています。

金鯱賞の本命予定馬は



今年は実力馬のウインバリアシオンが長期の休み明けから復帰戦に重賞実績のあるトゥザグローリー、ムスカテールなどなかなか難しいメンバーになりそう。

そんな中で本命予定に期待しているのがこの馬→金鯱賞の本命予定馬

高速決着になった小倉記念を3着しているようにスピードが勝ったタイプのように映りますが、実際は上がりの脚が使える馬。スパッと切れない分持続力には優れたイメージです。母父はダンスインザダークとスタミナに優れた血統ですしね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



金鯱賞を的中させるために必要な血統知識とは” への1件のコメント

  1. ピンバック: 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。