有馬記念をデータと過去の傾向から見ると気になってくる穴馬はこれだ

さあ、今週末はいよいよ有馬記念。オルフェーヴルの引退レースでもありますね。
キズナやエピファネイア、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイなどが回避してしまって、オールスター戦にしてはやや寂しいメンバーと言えなくもないですが、このお祭り的な雰囲気はやっぱり楽しい。

馬券的にも、遠征帰りで体調がどうかというオルフェーヴルに秋凡走を繰り返したゴールドシップと不安点があるだけに楽しめそうです。

馬券を楽しむためにも、有馬記念の傾向を過去のデータからおさえておきましょう。


有馬記念は残り1000mからが勝負


有馬記念は外回り3コーナーからスタートして、内回りコースをぐるっと一周するコースレイアウト。2度の坂越えがあるのが特徴です。

有馬記念は過去のデータからみると残り1000mからレースが動く

ペースはスローだったりそうじゃなかったりとですが、例年残り1000mからペースが上がる特徴があるのが有馬記念。

残り1000mというと、向正面あたり。そっからペースを上げて最後の坂まで越えるレイアウトなので、やっぱりタフさが重要。
軽いスピードだけで乗りきれるコースではないですね。

やっぱりステイゴールド産駒が有馬記念には合う


有馬記念はロングスパートに近いレースになりやすいことがわかりました。

ロングスパートに強い血統と言えば真っ先に思い浮かぶのがステイゴールド。オルフェーヴルとゴールドシップで連覇してますね。
さらにいうと昨年の2着馬オーシャンブルーもステイゴールド産駒で09年の勝ち馬ドリームジャーニーもステイゴールド産駒。

これから言えばやっぱりオルフェーヴルもゴールドシップも買えるってことになっちゃいます。

有馬記念で穴馬を狙うとするなら


有馬記念で穴を狙うのであれば、中山での重賞実績がある馬がベター。

AJCC勝ちがあったエアシェイディや日経賞を勝ったトゥザグローリー、アドマイヤモナークは中山での重賞勝ちは無いけどステイヤーズステークスと日経賞で3着がありました。

今年で言えばダノンバラード、ナカヤマナイト、ヴェルデグリーン辺りでしょうか。

ただ、個人的にはこれら3頭はそれほど強く買いたい希望はなくて、中山での重賞勝ちこそ無いですがAJCC3着の実績があるこの馬が気になっています。

内目の枠に入ったら面白いと思うんですけどね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。