誰にでもわかる京都金杯で注目するべきポイントは2つだ

1月5日京都では京都金杯が行われます。

昨年こそ1番人気のダノンシャークが勝ちましたが、2009年〜2011年にかけては単勝10倍台の中穴が勝っていて意外に配当が期待できるレースになっています。

それなりの配当が期待できる京都金杯ですが、好走馬を見分けるのにとても簡単な方法があります。


京都金杯は内枠馬の成績が圧倒的


京都金杯は内枠馬の成績が圧倒的

京都金杯の過去5年の成績を見て気づくのが、内枠馬の成績が圧倒的に良いこと。
3着以内に入った15頭の内、14頭が4枠より内の枠に入った馬になっています。もう好走するには内枠に入るのが必至といえるような成績ですね…。

人気薄でも内枠で好走している馬がいるように、決して内枠に人気馬が固まっているわけでもないので、多少の能力差は枠で埋められることなんでしょう。

内枠の成績が良くなるのは、例年保護されていたAコースでレースが行われるから。いわゆるグリーンベルトの状態になるからですね。

京都金杯は先行馬も差し馬も互角


グリーンベルト状態になると、先行馬が有利になりやすいですが、京都金杯は重賞ということもあってか、内枠であれば差し馬も届くことが少なくありません。

ただ、差し馬を狙うのであれば、極端な人気薄は厳しいでしょうね。切れ味自慢の人気馬なら後ろから行く馬でも狙えるくらいに考えていたほうがいいでしょう。穴馬を期待するのであれば馬場の有利さを活かせる先行馬の中からとなるでしょう。

血統的にはスピードの持続力がある欧州型の血統が合うイメージ。ダノンシャークで2年連続ディープインパクト産駒が好走していますが、あまりディープインパクトのような主流血統が走るレースではないんじゃないかと思います。

京都金杯の狙いポイントは
  1. 内枠の馬を狙う
  2. スピード持続力がある馬を狙う

この2つになります。

枠が決め手になるレースだけに事前予想が難しいですが、京都金杯の注目馬はこちら→京都金杯の本命予定馬

中山金杯でも注目ですが、マイネルラクリマが出てきたらこの馬と組み合わせる感じですねえ。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。