シンザン記念と京都金杯の狙いは同じようで少し違うよ

先週は今年の初めの競馬ということで、いつもの倍額を投下。そして爆死。今年も養分として抜群のスタートを切ってしまいました…。
まあ、楽しければいいじゃない!という負け組を地でいくようなスタンスで今年も取り組んでいこうと思います。

今週は土・日・月の3日間開催。JRAもお金を落とさせようと頑張ってますね。重賞は日曜にシンザン記念があります。

京都金杯と同じコースで行われるだけあって、京都金杯と同じ狙いをたてて行けばいい感じなんですが、ちょろっと違うところもあったりします。


シンザン記念は内枠が有利だ!


シンザン記念は内枠の馬が圧倒的に有利

京都金杯でも取り上げたんですが、内枠が圧倒的に有利。
京都はAコースでの施行で内側が非常に良い状態のグリーンベルトがあるので、ココを通る馬が浮上してきます。

一番人気になるであろうミッキーアイルが内枠に入ったらまず堅い軸馬になるでしょうねぇ。

ただ今回のメンバーを眺めると、一部の上位人気になりそうな馬以外は能力の足らなそうな馬が多いので、内に足らなそうな馬が固まったら内枠がまとめて沈む可能性があるんじゃないかと思います。個人的には今回はそれくらい能力差があるとふんでます。

シンザン記念の方が緩い流れになる


古馬の重賞と明け3歳の重賞の時計を比べてもアレだろう!と言われちゃうのは承知なんですが、やっぱりシンザン記念の方が緩くなるんです。
京都金杯は速い流れになるんで、1分32秒台(今年も1:32.5)になることも多いんですが、シンザン記念はせいぜい34秒台。

だから、シンザン記念は京都金杯よりも持続力に富んだ血統は重要じゃなくなって、サンデー系の切れのあるタイプが代わりに浮上してきます。
ココが京都金杯とシンザン記念が異なる点ですね。

シンザン記念の傾向をまとめるとこんな感じ。
  • 内枠の馬を狙え!
  • サンデー系が中心
  • 京都金杯より持続力は見なくていい

メンバーを見ると、やっぱりミッキーアイルかなぁって感じ。

ミッキーアイル以外の馬でピックアップするならこの馬かな→シンザン記念の気になる馬

前走のラジオNIKKEI杯はレースレベルが疑問だけど、あまり伸びなかった内に入って抵抗してました。ロス無く回ったからとも言えるだけに強気には推せないんですけど、内枠に入れば狙ってみたい一頭です。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。