京成杯のデータから紐解く、買える馬の条件は2つ

ミッキーアイル前評判通りに勝ちましたね。
ただ、クラシックには向かわないみたいですねー。

今週は中山で皐月賞と同じ舞台で京成杯。ナカヤマフェスタ、エイシンフラッシュと連続で後の活躍馬を出したかと思えば、メンバーが集まらなかったりして微妙な空気感のレースになったりする面白いレース。馬券は難しいと思うんですよねー。微妙な人気馬走るし。

個人的に相性の悪い京成杯ですが、予習はしっかりしておこうと思います。
(ちなみに相性が良いレースはあるのか、と聞かれると困るので聞かないでネ)


京成杯は前走の上がりを見るのが効く


中山の2000mというと、中央場所の中ではローカルっぽいというか機動力と器用さが必要な異端的なイメージ。古いですけど、サンツェッペリンみたいな馬がひょっこり上位に顔を出すG1コースはこれくらいなもんでしょう。

そんな中山2000mでの京成杯ですが、意外にも前走で上がり上位の馬を狙うと素直に走るという特徴があります。

理由はいろいろ考えられるんですけど、まだレースも覚えていない若駒たちの中で脚をためて直線で弾けられるだけの競馬センスというか、素直さみたいなところが結果に直結するのかな、と考えてます。

ポテンシャルよりも現時点での、人馬一体感みたいな。

京成杯ではG1で走る主流血統を


京成杯はG1でも狙える主流血統が走る

京成杯では上がりの上位を使っていた馬を狙えばOKと書きました。
んじゃ、上がりで他馬を上回れる血統は、というとG1も狙える主流血統がメインになります。

中山というとステイゴールドとか、ジャングルポケットとか、ゴールドヘイローみたいな福島2000mに出てきたら、シメシメと思えるような馬を狙いたくなるんですが(自分だけ?)京成杯はそういう気持ちは捨ててディープインパクトとかキングカメハメハみたいなお高くとまったような血統の奴らと狙うといいみたいです。

僕が京成杯を毎年外すのはディープは向かないとかいうヒネクレた考えをしているからなんでしょうね…。

今回の京成杯は結構良血馬が登録していて、スティンガーの息子のキングズオブザサンにディアデラノビアの息子ディアデルレイ、ピースオブワールド産駒のビバワールド、ディープインパクトの近親になるヴォルシェーブなど、セレクトセールで総額いくらになるんだろ?というメンバーが参戦予定です。

そんな良血馬を尻目に注目しているのが、中山得意なステイゴールド産駒のこの馬→京成杯の注目馬

前走はスローに泣いたと思うので、ここは面白いんじゃないかなーと思ってます。
この馬から良血馬にからめていく感じにイメージしてます。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。