日経新春杯は古馬の王道路線レースだと思わない方がいいんじゃいないかなあ

ジェンティルドンナの復帰戦の鞍上が福永騎手に決まりましたねー。

エピファネイアの菊花賞にジャスタウェイの天皇賞(秋)、それにリーディングも取って順風満帆。
我が松尾翠ちゃんは最強クラスのあげまんであることが証明されて嬉しい限りです。

ドバイもユーイチで行くんでしょうかね。正直ドバイで勝つ姿は想像できないw

さて今週もう一つの重賞は古馬王道の2400mのG2でありながらハンデという微妙な位置づけの日経新春杯。
テイエムプリキュアの大逃げが鮮明に残ってます。もう5年前ですか。

テイエムプリキュアの例は特殊としても、ハンデ戦だからかそこそこ人気薄の好走もあるレースです。
日経新春杯の過去のデータや傾向から攻略法をまとめてみました。


日経新春杯は重いタイプがちょうどいい


日経新春杯は重いタイプがちょうどいい

ここ5年の日経新春杯で2桁以上のオッズがついて3着以内に入ったのは4頭。

これらの馬はどの馬もちょっと重いタイプ。東京でスパッとした切れ味を使う条件よりも、スタミナがいかせる長距離とか持続力が求められる小回りの競馬場で活躍できるイメージの馬ばかり

カポーティスターは内回りの京都2000mでマクリ気味に勝ってますし、マカニビスティーはダートも走れるパワータイプ。
レッドアゲートも速い上がりを使う馬ではないですし、テイエムプリキュアは大逃げで活路を見出した馬。

どの馬も切れ味勝負だと分が悪いイメージは持てますよね。
日経新春杯はこういう馬がどういうわけか合うみたいです。

日経新春杯でサトノノブレスの取捨は


菊花賞2着で日経新春杯の1番人気になりそうなサトノノブレス。
切れがウリのディープインパクト産駒。

一級品の切れ味ってタイプではないように思うんですが、かといって重いタイプというわけでもない感じ。
能力はあると思うんですけど、他の馬が適性で逆転できる範囲内なのかなあ、と個人的には感じています。

G2らしくないメンバーだけに、重賞実績があると途端に人気になっちゃいそうなところはあるんですけど、この馬に注目しています→日経新春杯の注目はこの馬

レッドアゲートと同じマンカフェ産駒。距離のもつマンカフェ産駒はちょっと重い感じの馬が多いので、ここは合いそう。
この馬自身も、マクって福島記念で3着しているので適正有りと見ました。
有馬記念4着が評価されるかどうかが今週の関心事になりそうです。

なんとなく、走っても走っても人気にならないようなタイプだと思うんだけどなあ。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。