京都牝馬ステークスを攻略するために抑えておくべきポイントは2つ

プレイアンドリアル快勝でしたね。コスモバルクが挑戦した皐月賞から10年。今年は牡馬のメンバーがイマイチなんじゃないかという噂もあるので、チャンスありそうですね。皐月賞なら面白いかも…。

さて、今週はヴィクトリアマイルに向けた牝馬の争い、京都牝馬ステークスが行われます。
例年1頭は穴馬が絡むイメージで、うまく拾えればオイシイレース。

牝馬戦特有の難しさはありますが、過去のデータから傾向をおさらいしておきましょう。



京都牝馬ステークスはスプリント志向が強い


京都牝馬ステークスはスプリント志向が強い

あくまで、穴馬に限ってという前置きがついてしまうんですが、京都牝馬ステークスはマイル戦ですがスプリント戦や1400m戦のようなガーッとスピードを出していって粘る形が得意な馬に向くことが多くなっています。

上の図はクロフネ産駒とダンスインザダーク産駒(母父ダンスインザダークも含む)を囲んだもの。

クロフネ産駒はカレンチャンとかスリープレスナイトとか、スプリングサンダーみたいな1200・1400で強い牝馬が多くでますよね。
ダンスインザダークもジョリーダンスとかザレマみたいな短距離戦が得意なタイプを出しています。

マイル戦になると決め手が必要になってきますけど、そうなるとクロフネとかダンスインザダークだと切れ不足になるので、スピードを活かせる1400m以下が合うんですね。

なんでですかねー、高速馬場だからですかね。

ただ、今回はクロフネ産駒もダンスインザダークも不在。そこで同じく1400mが得意な産駒を出すダイワメジャーに注目しています。

昇級・格上挑戦でも狙える


牝馬は格より調子って格言がありますが、京都牝馬ステークスはそれが当てはまるレースで、昇級したばかりの馬や格上挑戦でも結構走っています。

この時期の重賞はヴィクトリアマイルに出る賞金が足りてる馬は出てこないですし、一部の重賞レベルの馬を除けばそれくらいのメンバーになっちゃうってことが一番の理由なんでしょう。

穴馬を狙うのであれば、人気になりにくい格上挑戦はオイシイ馬になるので、能力的に足りそうなら格は考えなくてもいいでしょうね。

京都牝馬ステークスの傾向まとめ


  • スプリント・1400m志向の強い馬
  • 格は気にしない。調子は重視

今年はダンスもクロフネもいませんね…。
とりあえず1400m以下が合いそうなのはこの馬でしょうか→京都牝馬ステークスの注目馬

ダイワメジャーはスワンステークスを勝ったコパノリチャードとか、京王杯スプリングカップを勝ったダイワマッジョーレを出している1400m得意種牡馬。クロフネ・ダンスがいないならこの馬に注目したいです。

この馬にドナウになるのかなー。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



京都牝馬ステークスを攻略するために抑えておくべきポイントは2つ” への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。