シルクロードステークスの過去データから見る傾向と今年の見解

今週は京都競馬場でシルクロードステークス。

スプリント路線はロードカナロアが引退して、王者不在になりましたが、淀短距離ステークスでレディオブオペラって新星が出てきました。
藤田も久々のG1チャンスかもしれませんねー。

シルクロードステークスではレディオブオペラにストレイトガール、スプリント路線で面白そうな2頭が登録しています。
この2頭の直接対決も見ものですね。

その他にも対抗できる馬がいるかどうか過去のシルクロードステークスのデータを見ながら、傾向をまとめてみました。



馬場の見極めが大事になりそうなシルクロードステークス


シルクロードステークスは先行馬も差し馬も連対がある

年明けから1ヶ月使用された京都競馬場。2ヶ月目に入って最初の重賞となるシルクロードステークス。
過去の傾向を見てみると、先行馬・差し馬は互角と言える成績。

敢えて言えば若干差し馬寄りかなあという気がしますが年によって連対馬の脚質がバラバラだったりするのでそれなりに難しいレース。
ただ、難しめな分、過去5年の内3回は二桁オッズの人気薄が馬券に絡んでいて、穴馬党からするとオイシイレースとも言えます。

今週から京都競馬場はBコースに変わりますが、先週までの京都の馬場を見ていると内がまだ有利な状態なんじゃないでしょうかね。
そうなると先行勢から中心に考えるのがベターと見ています。

シルクロードステークスでは瞬発力タイプは狙わない


今年は馬場状態からすると先行有利と見ていますが、ヒモあたりに人気薄の差し馬を買うのは馬券的に有効なんじゃないかと思っています。

差し馬を狙うとなると、買いたくなるのは毎回上位の上がりを出すような末脚勝負のタイプですが、シルクロードステークスはそういうタイプとの相性がイマイチ。

シルクロードステークスと相性が良い差し馬はスパッと切れる脚はないけど、中団くらいからじわじわ追い上げてくるようなタイプがいい。
ケンブリッジエルとかモルトグランデとかシンボリグランとかはそういうタイプ。

インパクトのある末脚を使うタイプじゃないので人気にもなりにくいですしね。

本命にまでは指名できないとですけど今年はニンジャがいいかなあ。

シルクロードステークスの傾向まとめ

  • シルクロードステークスは馬場の見極めが大事
  • 差し馬を狙うならじわじわ伸びるタイプ

今年は先行馬有利と見て、人気になりそうな牝馬二頭は切りづらいですね。
勢いのレディオブオペラとオープン実績のあるストレイトガールでどちらかを選ぶとなれば、、、こっち→シルクロードステークスの本命予定馬

こちらの方が競馬の幅が広そう。楽に行かれてしまえば追いつけないかもしれませんけど、後ろからマークできるのはこちらなので。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



シルクロードステークスの過去データから見る傾向と今年の見解” への1件のコメント

  1. ピンバック: 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。