過去の共同通信杯から見えてくる馬券に絡む馬の2つの見きわめポイントとは

先週のきさらぎ賞についで東京で共同通信杯。
きさらぎ賞に比べると少し小粒なメンバーになることが多いような感じがあるんですが、今年もそんな感じ。

注目の筆頭は東スポ杯2歳Sの勝ち馬イスラボニータでしょう。

堅いようでいて案外一番人気が勝ちきれていない共同通信杯の傾向を過去のデータから洗いなおしてみました。


共同通信杯はマイラーっぽい馬と相性が良い


共同通信杯はマイラーっぽい馬が合うレース

1800mという微妙な距離設定で行われる共同通信杯。

クラシックを見据えた馬が多いこともあって、馬の気に任せたガンガン飛ばすレースをする馬は少なく、折り合いを教えこませるためにスローに近いレースになることが多くなります。

そんなペース面の特徴もあって、本質的にマイラータイプの馬でも勝負になるレース。
去年のメイケイペガスターとかゴッドフリートあたりもマイラーっぽいですよね。

中・長距離馬がダメってわけでもないんですが、ゴールドシップとかトーセンジョーダンは自力があるから上位に来てるだけ、という気がします。

先行できるスピードがあればなお良し


共同通信杯での先行の有利さを物語るのがゴールドシップが勝った年のレースでしょう。



テンが遅くて押しても動かないゴールドシップを強引に先行させて勝利に導いたレースです。
ディープブリランテがいましたし、ああしなければまず勝てなかったでしょう。

ゴールドシップの年以外も先行馬が馬券の中心になっているので、前に行けるスピードは大事でしょう。
これまでのレースで先行経験がある方がベターでしょうね。

これまで先行経験がある馬をメンバーから探すと、、シングンジョーカー(シングンオペラ産駒!)
新馬戦の時計は悪くないし、先行もしてるんですけど、ね。

面白みはないですが、有力なのはイスラボニータでしょう。
対抗にあげるならこの馬ですかね→共同通信杯の注目馬

馬券は買わないかも。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。