過去のデータからみる、フェブラリーステークスで狙える血統の傾向

今週は月曜・火曜と競馬があるのですっかり忘れてたんですが、フェブラリーステークスなんですね。

ホッコータルマエvsベルシャザールってとこですが、巻き返しを狙うニホンピロアワーズ&ワンダーアキュートに古豪のシルクフォーチュン、根岸ステークスを勝ったゴールスキーとか、ダート転向のドリームバレンチノと好メンバー。

どの馬が勝っても不思議じゃない混戦になりそう。

G1なので絶対的な能力が最優先なのは間違いないですが、一応フェブラリーステークスの傾向らしいものも見えてきたのでまとめてみました。

フェブラリーステークスは内枠が有利

フェブラリーステークスは内枠が有利な傾向

過去5年のフェブラリーステークスを振り返ってみると15頭いる3着以内馬のうち、半数を超える8頭が3枠より内枠。

 

G1クラスになれば内枠で揉まれる競馬になってもサラッと克服しちゃうんでしょう。
それよりもコースロスが少なくなることが勝敗を分ける重要な要素になるんじゃないでしょうか。

 

アメリカ血統かゴールドアリュールを狙え


フェブラリーステークスは米国ダート血統かゴールドアリュールを狙え

フェブラリーステークスで相性が良い血統はアメリカンダートな血統(ストームキャットとかエーピーインディとかワイルドラッシュとか)かゴールドアリュール。

個人的な感覚値としてはジャパンカップダートに比べてフェブラリーステークスではアメリカンダートな血統の馬の活躍が目立つ気がします。

 

亀谷敬正さんの血統ビーム 黄金ガイドという本にも東京ダートマイルコースはエーピーインディ系のベタ買いでプラスって書いてあったので、そもそも相性がいいんでしょうね。それがフェブラリーステークスにも表れてるってことでしょうきっと。

 

フェブラリーステークスの傾向まとめ


  1. 内枠の馬が有利
  2. アメリカ血統かゴールドアリュール産駒

傾向としてはこんなところ。

 

フェブラリーステークスで個人的に注目しているのはこの馬→フェブラリーステークスの注目馬

ホッコータルマエもベルシャザールも強いんですけど、この馬も武蔵野ステークスでベルシャザール差のない競馬をしてました(前がスムーズに開けばもっと際どかった)。前走も快勝してますしね。

 

血統もエーピーインディ系で合ってます。もともと東京マイルの重賞勝ち馬ですしね。
うまく内枠に入ってくれれば好走は十分期待できるんじゃないかと。

 

ちなみに亀谷敬正さんの本はこちらです。


血統派も血統派じゃない人も役立つ楽しい小ネタ満載です。
馬券を外して藻屑にするよりも、この本を買おう!(提案)

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



過去のデータからみる、フェブラリーステークスで狙える血統の傾向” への1件のコメント

  1. ピンバック: 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。