過去のデータから見る中山記念は脚質と馬の特長に注目したい

東京の開催も終わり、今週から中山開催が始まりますね。
その開幕週は中山記念。春の天皇賞からは少し間隔があるのと距離も短いこともあって超一流馬の参戦はそれほど多くないですが、今年はなかなかのメンバー。

 

天皇賞馬のジャスタウェイにG1 2勝のロゴタイプ、桜花賞馬のアユサン、マイルCS勝ち馬のサダムパテックとG1馬が4頭も登録。

それにG2勝ちのあるトウケイヘイロー、ヴェルデグリーン、カレンミロティックがいますから層の厚いメンバーです。

 

例年になく好メンバーが揃った中山記念。
過去のデータを元に傾向をまとめてみましたので馬券の参考にどうぞ。



中山記念は機動力・先行力そして持続力重視で


中山記念で有利なのは機動力・先行力・持続力に優れたタイプ

中山1800mはコースをぐるっと一周するレイアウト。東京・京都・阪神の1800mは向正面から半周なので、コーナーが2つ多い形。

このため東京・京都・阪神ではスローの切れ味勝負になることが多いんですが、中山1800mではより小回り適正や持続力が重要になってきます

 

中山記念は切れよりも持続力や先行脚質を重要視したい

過去の連対馬や好走馬を見ても、東京や京都では切れ負けしちゃうところがある馬がここでは力を発揮していますよね。
ナカヤマナイトとかヴィクトワールピサはまさにそういうタイプ。

 

中山記念はナカヤマナイトやヴィクトワールピサのように機動力があって早めに動いてもタレない馬やシルポートとかリアルインパクトのような先行力があるタイプを狙うのが定石でしょう。

 

中山記念では当然中山競馬場の適正がある方がいい


当たり前の話になっちゃうんですけど、中山記念の好走馬は中山競馬場適正が高い馬が多いです。

上でも書いたように中山記念は中山競馬場独自の適正を持った馬が強いんだから、そういう馬は当然これまでに中山競馬場で勝っていることが多いからなんですけどね。

 

今回はロゴタイプにナカヤマナイト、トウケイヘイロー、ダイワファルコン、ヴェルデグリーン、ユールシンギングと現役でも屈指の中山巧者が集まったのでなかなか難しいレースになりそう。

 

中山記念の傾向まとめ


  1. 機動力・持続力・先行力に富んだタイプがいい
  2. 中山巧者を狙う

この傾向からいうと、ジャスタウェイは危うそう。

中山記念のジャスタウェイは適正面では合わない

この馬は強烈な決め手を持つ馬ですからねー。ドバイへの叩き台というのも考えても仕上げてくることは無いでしょうし。
能力でどこまで埋められるかって感じかなと思います。

 

人気を分けそうなロゴタイプは合うでしょうね。狙いの筆頭になってくると思います。

穴っぽいところを探すとするならこの馬でしょう→中山記念の穴馬注目馬

過去の連対馬つかまえて「穴馬」というのもアレですけど、さすがに今回は相手が強いので人気はそこそこ落ちるんじゃないかなと。
万一人気が他の馬に吸われたらこの馬が美味しい存在になるんじゃないかなー(というかなってほしいなー)

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。