過去のデータから見るオーシャンステークスのポイントは枠と脚質

コパノリチャード強かったですねー。スイスイと逃げられれば強いみたいですね。
「調教師のコメントから1200mでも大丈夫」とありましたから、高松宮記念に向かうのかな?そうなるとハクサンムーンいるけど逃げられるのかな?

そんなわけで盛り上がりつつある短距離路線であのロードカナロアを負かしたハクサンムーンがオーシャンステークスに登場です。

 

実績・能力どちらも抜けた1頭かなとは思いますが、本番前だけに何が起こるかわからないですからね。
オーシャンステークスの傾向とハクサンムーンがイケるかどうかをまとめてみました。


オーシャンステークスは差し馬に注目


開幕2週目に行われるオーシャンステークス。
中山記念も先行して内目を通った馬で決まったように、内が良くてなかなか差しが届きにくい馬場だと考えがちですが意外にもオーシャンステークスでは差し馬が多く好走しています。

オーシャンステークスは差し馬が活躍するレース

なんでだろうなー?2週目ならまだ内が良さそうなもんですが。

逃げが濃厚なハクサンムーンに悪いデータですが、オーシャンステークスは逃げ馬との相性が良くないんですよね。
先行した馬は何頭かは連対してますが、逃げ馬はこの5年でゼロ。去年のハクサンムーンも逃げて9着に沈んでます。

 

なんだか少し荒れるニオイもしてきますねえ。

 

オーシャンステークスは真ん中より内枠を狙え


オーシャンステークスは真ん中より内枠を狙え

オーシャンステークスの過去5年の枠による成績の差を見てみると、真ん中より内枠の方が好成績を残しています。

 

実際去年のオーシャンステークスも勝ったサクラゴスペルも2着のダッシャーゴーゴーも道中は内目を通って、コーナーのロスを少なくしつつ直線で先行勢のいない外に持ち出すという競馬で好走していました。

 

開幕2週目のグリーンベルト効果は脚質よりも枠に出ている感じですね。

 

オーシャンステークスの傾向まとめ


  • 差し馬が狙いの中心
  • 真ん中より内枠の馬

今年のオーシャンステークスの中心はなんといってもハクサンムーン。
ただ、去年は1番人気で沈んでいるんですよね。

とはいえ、去年の前半までは飛ばすと見せかけてスローに落とすなんちゃってハイペースメーカーとして活躍してきましたが、スプリンターズステークスではテンの3ハロン32.9ながら2着に粘って、地力の強化が見られます。

休み明けですが、相手関係をみても間違いなく中心でしょう。

 

対抗に面白いのはこの馬でしょうか→オーシャンステークスの注目馬

前走のシルクロードステークスで5着のワキノブレイブも面白いとは思うんですが、シルクロードステークスでは斤量差が1キロだったのが、今回は2キロ。内容的にも軍配はこちらでしょう。

他にはそれほど目立つ馬はいるように思えないので、人気になっても仕方ないかなあ。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。