過去のデータからわかった弥生賞で重要になる適正と脚質とは

こんにちは。あかつきです。
毎週毎週ダートの短距離戦ばかりを追っているので、牡牝のクラシック主役候補が全然わかりません。重賞記事書きついでに勉強しています。

 

今週は弥生賞。かつては堅い堅い重賞としておなじみでしたが、ここ2年は1番人気が飛んでます。
思えば去年はキズナとエピファネイアが揃って飛んだんですね。思い返してみるとビックリ。カミノタサハラ最強説が勝手に自分の中で盛り上がってきましたw早く復活して欲しいです。

今年は例年になく良いメンバーが集まった感のある弥生賞。
過去のデータから傾向をまとめてみました。


弥生賞は器用さが武器になる重賞


皐月賞と同じ中山競馬場の2000mで行われる弥生賞。

弥生賞は器用さが武器になるレース

見ての通り、中山競馬場の内回りコースをぐるーっと一周するレイアウトです。
こういうコーナーが多くて直線の短いコースは器用さのある馬が優位になることが多いです。

去年カミノタサハラがエピファネイアとキズナに勝てたのは器用さの面で上回ってたからじゃないかなと思ってます。
それだけ弥生賞は適正面の重要さも高いレースということじゃないかなあ。

 

弥生賞は先行馬が中心


弥生賞は先行馬が中心

次に脚質を見て行きましょう。弥生賞で相性のいい脚質は先行

先行が有利になりやすいのは、クラシック本番前で折り合いを教えている段階にあるのでスローになりやすいこと、中山競馬場が開幕2週目で馬場の内側がいい状態になっていることの2つ。
あと、器用さがあるタイプは決め手勝負では分が悪い代わりに先行力や自在性がある馬が多いんで、先行馬が有利になりやすいというのもあります。

 

逆に追い込み馬は後にG1馬になるフェノーメノとキズナが人気になって飛んでます。
力があっても差しそこねることも十分に考えられるんで、そこのところは頭の片隅に置いといたほうが良さそうです。

 

過去のデータからみた弥生賞の傾向まとめ


  • 器用さを重視
  • 先行馬有利

たぶん一番人気になるのはトゥザワールド。この馬は中山、普通にこなせると思います。兄貴も有馬記念で好走してますし。

個人的な注目馬はこの馬→弥生賞の注目馬

スパッとした切れ味は無さそうだけど、中山向きなんじゃないでしょうかね。父はネオユニヴァースだし。
あと、中山適性が一番ありそうなキングズオブザサンも買えそうですね。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。