過去のデータからみるダービー卿チャレンジトロフィーの狙い方

今週は大阪杯とダービー卿チャレンジトロフィーの2重賞。
3月に入ってからは土日で3つ4つ重賞があるのが普通だったんで、これくらいのほうが落ち着いて見てられていいですな。


中山1600mのG3ということで、なんとなくこれだけで面白そうと思ってしまうボク。
面白くて難しいレースを好むから養分になるんでしょうな。ハハハ。笑えないけど。


とりあえず予想は当たらないけど、ダービー卿チャレンジトロフィーの傾向をまとめましたので参考にどうぞ。



ダービー卿チャレンジトロフィーは内枠・先行馬がベター


中山マイルの基本的な傾向として内枠が有利・先行馬が有利ってのがあります。
ダービー卿チャレンジトロフィーもその例に漏れず、内枠・先行馬から狙うのがベターと言えるレース。

ダービー卿チャレンジトロフィーは内枠・先行馬がベター

過去5年で内枠(4枠より内)は4勝・2着3回・3着3回
同じく逃げ・先行馬は3勝・2着3回・3着2回

ダービー卿チャレンジトロフィーの中心は内枠の馬と先行馬ってことになるでしょうね。

 

独特のローカルっぽいキャラが活躍


こっからは全力で主観なんですが、ダービー卿チャレンジトロフィーで好走するのはどこかローカルキャラっぽいタイプが多い気がします。

この舞台に出てくる馬自体そういう馬が多いってのもあるでしょうが、出てきたら活躍するんですから適正が高いといってもいいんじゃないでしょうかね。

トウケイヘイローも札幌記念勝ってますし、ダイワファルコンも福島大好き馬。ブリッツェンも札幌とか函館で活躍してましたし、サニーサンデーも福島記念勝ってます。マヤノライジンも函館で…。とこんな感じ。

 

もちろんショウワモダンは安田記念勝ってますし、ライブコンサートとかガルボみたいな中央場所で活躍してる馬もいるんですけど、これらの馬もどっかローカルっぽいニオイがするタイプなんですよね。

 

今回コディーノとかレッドアリオンとかマウントシャスタあたり人気しそうな気がしてるんですけど、楽しむならこの馬を切った方がいいんだろうなー。
でもどの馬も中央場所で活躍しつつローカルっぽい適性もありそうだからなぁ。外しにくい感じはあるなあ。

 

ダービー卿チャレンジトロフィーの傾向まとめ


  • 内枠・先行馬がベター
  • ローカル適正があるといいかも

人気どころはなかなか外せなさそうな気がしつつ狙いは性懲りもなくこの馬から考えてます。
ダービー卿チャレンジトロフィーの本命予定馬

ダイワメジャー産駒はこのレースには合いそうですよね。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。