ニュージランドトロフィー(NZT)で穴をあける馬に共通する血統とは

もしかして大阪杯にコパノさんの馬が出てたら、キズナに勝ってたかも!
桜花賞もコパノさんの馬が出てたらハープスターに勝てるかも!と妄想してたらなんだか黄色いものが欲しくなってきたあかつきです。こんにちは。

今週は土日で3重賞。先週が土曜に重賞なしの2重賞だったので、予想スピードが亀より遅いボクにはキツイ配分です。

ただ、本命馬があんまり来なそうという思い込みがあるのでNZTはやります。たぶん。
だから傾向もまとめてみたよ。



ニュージーランドトロフィー(NZT)は先行馬狙いがベター


ニュージーランドトロフィー(NZT)は中山競馬場のマイル戦。この条件で常道の先行馬狙いがベターなレースになっています。
先週のダービー卿チャレンジトロフィーも先行したカレンブラックヒルが勝ってますしね。

ニュージーランドトロフィー(NZT)は先行馬狙いがベター

過去にはエーシントップとかエイシンオスマンとかが勝ってます。
仕上がりの早いスピードタイプでもまだ通用しちゃう感じのレースって気もしますね。

 

中山競馬場のマイルなんで、切れ味がウリのタイプよりは別の適性が求められるってことなんでしょうね。

 

ニュージーランドトロフィー(NZT)の穴はミスプロがあける


過去5年で1番人気が3勝、2番人気1勝とわりと固めな決着になっているニュージーランドトロフィー(NZT)ですが、穴を狙うとするならアメリカンなミスプロ系を狙うのが良さそう。

過去のデータで言うと、去年のストーミングスター(3着・単勝105.6倍!)とかエイシンオスマン(1着・単勝56.3倍)とかエーシンジャッカル(2着・単勝21.2倍)、レト(3着・単勝20.7倍)は全部父か母父がミスプロ系。それもアメリカンなダート適正の高そうな血が入ってます。

中山競馬場のマイル戦って結構そういうダート的な適性が高い馬が激走したりするケースが多いんですけど、ニュージーランドトロフィー(NZT)もその類と考えていいんじゃないかなと思ってます。

 

ニュージランドトロフィー(NZT)の傾向まとめ


  • 先行馬がベター
  • 穴を開けるのはアメリカのミスプロ系

ニュージランドトロフィー(NZT)で本命に考えているのはこの馬→ニュージランドトロフィーの本命予定

超地味ーな血統なのに、朝日杯と京王杯2歳ステークスで差のない4着。前走クロッカスステークスも勝ってますし、普通に上位でしょう。

 

穴っぽいのはベルルミエールかなあ。でもファルコンステークスの成績評価されたらあんまり人気薄にならないかもしれないけど。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。