ディープインパクト産駒には向かなそうな阪神牝馬ステークスの狙い方

こんにちは。あかつきです。

ハープスターの凱旋門賞のオッズが20倍で3番人気なんだとか。気が早い話ですね。この時期に買う人いるんでしょうか?
てか、オッズってコロコロ変わると思うんですけど、競馬みたいに最終的なオッズで払い戻しあるんですかね?そうなりゃ当然直前に買ったほうがいいですよね。その辺どうなんでしょ。

 

さて、今週は3重賞。桜花賞・NZTと傾向をまとめたので最後は阪神牝馬ステークス。1400mの重賞です。
中山のマイル戦も好きだけど、阪神の1400mも特色があって好き。メンバーも面白そうですな。

 

阪神牝馬ステークスの傾向はこんな感じです。



阪神牝馬ステークスは能力よりも適性を重視したい


まず、1400mって距離は着順を決める要素が「能力<適性」になりやすい傾向が強いと思ってます。

1400mを走る能力が1600mを走る能力と異なるってことになるんでしょうが、つまるところは一般的に「強い」という馬が弱くなってしまうことがある条件だと思うんです。

 

阪神の1400mは阪神カップとか阪急杯とかフィリーズレビューとか一線級の馬が出走してくる条件も多いんですけど、結構が狙えてる。1番人気の勝率も阪神競馬場の1200mとか1600mに比べても低いですしね。

 

んで、1400mの適性とはなんぞやという話ですが、基本的には一定のスピードでどれだけバテずに走れるかって感じだと思います。

1600mとかって決め手がないと勝ちきれなかったりしますが、1400mは決め手不足の馬でも通用する。つまりそれは決め手の重要性が低くなるから。
決め手が無い分、バテないで走る能力が備わっていればアレレ?とあっさり勝ててしまったりする、そんな魅力が1400mにはあります。もちろん阪神牝馬ステークスにも。

 

血統的な偏りが出そうな阪神牝馬ステークス


かつての阪神牝馬ステークスはクロフネ産駒を買っていればよかったレース。
オディール、カレンチャン、スプリングサンダー。さらに言えばフレンチデピュティ産駒のプロヴィナージュ。

今年はクロフネサプライズがいますね。要チェックでしょう。

 

あと、クィーンズバーンが2年連続で好走しています。

クィーンズバーンは父スペシャルウィークで母父オジジアン。先行力があって切れのないタイプ。同じ父のリーチザクラウンと似たタイプ。
こういうタイプはこのレースに合いそうなイメージ。

 

クロフネ産駒にしても、クィーンズバーンのようなタイプにしてもウリはバテずにスピードを維持できる持続力に優れていることだと思います。適性が重要なレースですから、血統面からアプローチするのは有効な気がしますね。

 

外目の枠が好成績


阪神牝馬ステークスというより、阪神1400mのコース特性として、8枠が有利になる傾向があるようです。
実際、阪神牝馬ステークスでも過去5年で4頭が連対してます。

阪神1400mは8枠が有利な傾向

これもひとつ参考になりそうですね。

 

阪神牝馬ステークスの傾向まとめ


  • 能力よりも適性
  • クロフネ産駒か持続力タイプ
  • 8枠が若干有利

以上を踏まえての阪神牝馬ステークスの本命予定馬はこの馬→阪神牝馬ステークスの本命予定馬

G1とか重賞実績のあるディープ産駒が人気の中心でしょうけど、ディープは合わないコースだと思うんです。
つけ入るスキはあると思います。ディープ産駒ならヴィルシーナの方がいいかな。それでも強気に狙いたいというほどじゃないですけど。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。