アンタレスステークスの好走馬を見つける3つのポイント

今週は土曜の阪神でダートの重賞アンタレスステークス。

フェブラリーステークスが終わって、次の大目標になる帝王賞まで間があるので結構G1での実績がある馬も出てくるレース。
今年は一昨年のジャパンカップダートを勝ったニホンピロアワーズと昨年のジャパンダートダービーを勝ったクリソライトが登録しています。

 

ニホンピロアワーズが58キロなのに対して、クリソライトは59キロですか。
ちょっとかわいそうな斤量な気がしますね。最近不調だし。

一方でニホンピロアワーズはフェブラリーステークスこそ振るわなかったものの、前走のダイオライト記念を勝って今年重賞2勝目。マイルより合いそうな条件に変わりますね。中心視しても良さそうですが、あまりよくないデータも見えてきました。



アンタレスステークスはセオリー通り前目の馬から狙う


アンタレスステークスに限らずダート戦全般に言えることですが、ダート戦は先行馬または先行馬を射程に入れながら中団で進める馬(5〜6番手くらい)から狙うのがベター。

ダート馬は総じて決め手の脚に欠ける馬が多いですから、後ろにいたらどうやっても届かないケースの方が多いんですね。

アンタレスステークスは先行馬から狙うのがベター

実際、過去5年のアンタレスステークスのデータを見ても4コーナー10番手以下から追い上げて連対したのは1頭だけ。
15頭の3着以内馬の内、実に13頭は4コーナー5番手以内という事実があります。

この要素からは先行力のあるニホンピロアワーズは買えるとなります。

 

コテコテのダート血統に期待するのは酷


今の時代コテコテのダート血統というのが存在するのかも怪しくなってきてますが、ダートのレースが整備されつつあってダート馬であってもスピードが無くては活躍できない時代が来ている感じがします。

 

ダートの1800mはダートの中ではわりと長い距離の部類で、スピードで押しきれる1200m戦とは違ってよりダート適正が求められる、そんなイメージがあるんですが最近は父が芝で活躍してたり芝で活躍する産駒を出すスピードのある血統を持つ馬が多くなりました。

もちろん芝馬に比べればスピードは劣ると思うんですけど、ダート馬の中ではスピードが高いという意味でね。

 

この点でもニホンピロアワーズは父がホワイトマズル。芝のG1勝ちも出してる馬。スピードは十分足りそう。よって買える

 

アンタレスステークスは人気馬の斤量に注目


3つ目のポイントは斤量。
アンタレスステークスはG1クラスの馬が出てくるレースで、別定戦だけどG1を勝っていたら58〜9キロを背負わされます。

普通の馬は56キロだから3キロ差が出るわけです。そうなるとG1クラスでも結構勝ち切れない

57キロまでならいいんですが、58キロ・59キロはニホンピロアワーズが去年負けてるように好走はできるけど勝ち切るところまでは難しくなる印象。

 

ニホンピロアワーズは今回58キロ。きわどい斤量と言えます。

連軸には最適だけど、ちょっと狙って2着づけとかが面白いかもしれないですね。

 

アンタレスステークスの傾向まとめ


  • 先行できる馬か先行馬を見ながら差し脚を伸ばせる馬
  • 芝適性もある父の方がいい
  • 58キロ以上の斤量は人気馬でも勝ちきれなくなる

以上の傾向を踏まえてのアンタレスステークスの本命予定馬はこちら→アンタレスステークスの本命予定馬

ニホンピロアワーズはとりあえず3着以内の椅子を一つ埋める馬。あとの2席をどの馬にするかってイメージをしてます。

相手筆頭がソロルとこの馬。
ポルックスステークスでソロルと差のない競馬してますから、逆転があってもと期待しています。

前に行けるし、父も芝馬だしね。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



アンタレスステークスの好走馬を見つける3つのポイント” への1件のコメント

  1. ピンバック: 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。