フローラステークスを攻略するための2つのポイントとは

終わってみればイスラボニータ強かったですねー。
直線に入っての切れは一枚上手という印象でした。個人的にはダービーよりも皐月賞向きだと思ってましたから、次のレースでは馬券の取捨に悩みそうです。

 

さて今週はG1は一週お休み。
日曜の東京はオークストライアルのフローラステークスが行われます。

今年はハープスターとレッドリヴェールが抜けて強い牝馬路線ですが、どちらもダービーに行くかどうかという話もちらほら。
この2頭が抜けたらフローラステークスの重要度がぐーんと上がりそうですね。その意味でも注目です。

 

これまでのフローラステークスのデータから、このレースで重要度が高くなる要素をまとめてみました。


フローラステークスの危険な人気馬とは


フローラステークスというか東京芝2000m全般にいえることなんですが、このコースは上位人気馬の好走確率が高い傾向があります。

フローラステークスは上位人気馬が安定して好走しているレース

実際フローラステークスでも過去5年で1番人気が3勝2番人気が1勝・2着2回・3着1回と安定しています。

今回はどの馬が1番人気になるでしょうねえ。
実績で言えば札幌2歳ステークスでレッドリヴェールに迫ったマイネグレヴィルですが、チューリップ賞4着で前走で君子蘭賞を勝ったブランネージュとかビワハイジ産駒のサングレアルなんかも人気になる可能性はありそう。重賞勝ち馬がいないのもあって混戦ムードですね。過去も割れた人気になったケースはあったんですが、それでも上位人気馬は安定していたので、連対距離だけ注意しておけばそこそこ信用してもいいんじゃないでしょうかね。

 

フローラステークスは先行脚質がやや有利


これもフローラステークスを含む東京芝2000m全般に言える傾向なんですけど、脚質は先行または先行馬を見ながら差し脚をためている馬が有利

ただでさえ前目につけた馬が有利なのにフローラステークスは東京競馬場の開幕週ですからね。余計にグリーンベルトのメリットが活かせる馬場になってます。

フローラステークスは先行馬または先行馬を見る位置の差し馬が有利

過去5年の結果を見ても、4コーナーで10番手以下で連対したのは去年のデニムアンドルビーとブリュネット、2011年のバウンシーチューンだけ。この3頭以外はすべて4コーナーの通関順位が一桁です。追込一辺倒はかなり能力が抜けてないと無理だと認識しておくといいでしょう。

 

フローラステークスの傾向まとめ


  • 1800m以上の距離で連対経験のある人気馬は外さない
  • 先行馬または先行馬を見る位置の差し馬が有利

これらの傾向からフローラステークスでは人気になりそうなところならマイネグレヴィルとブランネージュあたりが中心になるんじゃないでしょうか。
どちらも前目で競馬できますし、1800mでの連対経験もありますしね。

穴馬はそれほど積極的に狙えるレースじゃないと思うのであまり意識しないでいいんじゃないでしょうか。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。