マイラーズカップでディープインパクト産駒を狙うときの注意点

イスラボニータの栗田調教師って昔、柴田大知を破門にした人なんですよね。
なんとなく今の関係はどうなのかなーと思って栗田厩舎の馬に柴田大知が騎乗した馬を調べてみたら、今年は中央で1鞍、地方で1鞍ありました。

このへんの関係性ってよくわからないけど少なくとも積極的に乗せてる雰囲気ではなさそう。今でも確執続いてるのかな。

 

話変わって今週の重賞へ。マイラーズカップです。
いや、実はマイラーズカップは阪神だよなーと思いながら記事を書き上げてさあ公開!という時に京都開催なんだと気がつきました。

紛らわしいねん!

 

気を取り直してマイラーズカップの傾向をまとめましたのでどうぞ。


マイラーズカップはピュッと切れる馬よりいい脚を長く使えるタイプを


大体どこのマイルコースもディープインパクトの庭のような感じになってますが、京都競馬場のマイルコースも例外じゃなくて内回りも外回りもディープインパクト産駒が1番の勝ち星を挙げています。

マイラーズカップも京都に替わった2012年からディープインパクト産駒のダノンシャークが2度好走していて相性が良いように見えますが、個人的には落とし穴があると考えています。

 

と、いうのも京都マイルの重賞はとにかく時計が速くなることが多いですよね。
とくに開幕週なんかは前に行った馬が飛ばしてもなかなかバテません。

しかも前に行った馬が速いペースを作ると差し馬は追走に脚を使って切れが鈍るので、毎回速い上がりで結果を出すディープインパクト産駒は注意した方がいいと思っています。

今年登録してる馬でいうと、オースミナイン、フィエロ、ワールドエースあたり。エキストラエンドもかな。

ダノンシャークは結構自在なところがある馬で、ズバッとした切れにかけるタイプじゃないんで走ったけど、自在性が無ければ簡単にコケる可能性があるのが京都マイルだと思います。

 

マイラーズカップは基本先行馬狙いで


マイラーズカップは開幕週なのでセオリー通りに先行馬から狙うのがベターだと考えます。

つまりは、速い流れを追走しながら粘りこみ出来るようなタイプが狙い目。持続力タイプですな。

ただ、去年のレースでは先行馬総崩れのズブズブ決着でしたから、土曜日の馬場状態をしっかり見極める必要がありそう。
もし土曜日から差し馬が届く傾向があるなら、素直にディープインパクト産駒から狙っていく方向に切り替えるのがいいかもね。

 

マイラーズカップの傾向まとめ


  • 切れがウリのディープインパクト産駒には注意が必要
  • 先行できる持続力タイプがベター

こうした傾向から一応事前段階ではエキストラエンドを筆頭に上に挙げたディープインパクト産駒は軽視。

レッドアリオンはスタートさえ決まれば走りそうですけど、その「さえ」の部分が怪しいんですよね…。

血統的に微妙だけど最近崩れないカオスモスが筆頭。
先行脚質に転換したエールブリーズあたりもクサい感じ。穴っぽいところだとセイルラージあたりは面白そうですね。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。