簡単に青葉賞の好走馬を見抜くための3つのポイント

レッドリヴェールがダービー参戦で盛り上がる今年の牡馬クラシック路線。
それにしてもレッドリヴェールの鞍上が福永とは…。

さて今週は青葉賞。2着までに入ればダービーの優先出走権がもらえるレースですね。
過去はイマイチダービーに結びつかないレースとしてお馴染みでしたが、最近はフェノーメノとウインバリアシオンがダービーで連対して関連性が少し高まってます。

個人的に、去年ヒラボクディープ本命で青葉賞を当ててダービーでも狙って大ゴケするという思い出深いレースです…。

そんな青葉賞の傾向をまとめましたので参考にどうぞ。


青葉賞は2000m以上の距離経験が欲しい


過去の青葉賞勝ち馬のローテーションを振り返ってみると、いずれの馬にも2000m以上の距離経験がありました。

仮にもダービーを目指してる馬たちなんで当然と言えば当然ですね。

これも同じく当然なお話ですが、2000m以上のレースで連対経験があった方がよりベターでしょうね。

 

青葉賞で好走するには上位の上がりを使った経験が欲しい


まだ若くてレース経験が浅い馬ばかりですし、本番で暴走しても困るので2〜3歳の2000mを超えるレースはとにかくスローペースになりがちです。トライアルも然り。

スローペースになると、どの馬も終いの脚が残っていますから着順は瞬発力のある馬順に決まりやすくなります。

青葉賞も同じで、過去のレースで上位の上がりを繰り出した経験がある馬の好走が目立ちます

 

過去の勝ち馬の血統を見ても、ディープインパクト・ステイゴールド・ハーツクライとG1血統がズラリ。

瞬発力が無いと勝負にならないと考えていいと思います。

 

東京2400mは内枠有利


青葉賞が行われる東京2400mは内枠が若干有利な傾向があります。

東京2400mは内枠が若干有利

青葉賞も例外じゃなくて、内枠に好走馬が偏っています。

青葉賞は内枠の馬に活躍馬が多い

開幕二週目で馬場も良い状態だから、内を通るメリットが大きいんでしょうね。きっと。

 

青葉賞の傾向まとめ


  • 2000m以上の距離経験と連対経験
  • 上位の上がりを使った経験
  • 内枠の馬が有利

枠次第で変わってしまう可能性はありますが、今の時点で青葉賞で狙いたいのはヤマノウィザード。

前走のすみれステークスはシンガリ負けでイマイチ敗因がよくわからんですが、2走前に破っているアドマイヤデウスは若葉ステークスを勝って皐月賞に行ってますし、ワールドインパクトも500万突破となかなか強い相手に勝っている経験があります。

相手にはワールドインパクトとマイネルフロスト。面白みはないですが。

ワールドインパクトは前に行けるタイプですし、上がりもそこそこ対応出来る馬なので安定感がありそう。

マイネルフロストは地味血統ですがここくらいまでなら十分すぎる能力があるでしょう。実績も一枚上ですしね。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。