京王杯スプリングカップはトーセンラーに合わないんじゃない?っていう考察

ハープスターはオークスなんですね。レッドリヴェールがダービー挑戦ということでハープスターはどうすんのかなー?と思ってたんですけど、目標は凱旋門賞ってことなんでしょうね。

そういえば今年のフランス2000ギニーは日本産馬のKarakontie(カラコンティー)が勝ったみたいです。バーンスタイン産駒。もしかすると秋にハープスターと対戦するかもね。そうなれば夢があって面白いなー。血統的にマイルっぽいから難しいかもしれないけど…。

さて今週は土曜日の東京で安田記念の前哨戦、京王杯スプリングカップが行われます。京成杯とか京王杯とかややこしい上に自分の住んでる所には京成も京王もないから頻繁に京成杯スプリングカップ!とか言ってるレースです。

レースの条件は1400mなのでボクの好物。G2なのにこの条件だからか結構荒れるんですよね。だから傾向と対策は大事!しっかり抑えましょう。


イマイチな決め手タイプか一定のスピード持続タイプから狙う


京王杯スプリングカップは東京の1400mという条件。1400mって結構特徴がハッキリ出るコースなんですよね。その特徴というのが2つあって、まず第一にマイルだと決め手不足に泣くタイプも届くってのがあります。

1400mってスプリント戦ほどじゃないけど速い流れになってマイル戦ほど脚を溜める展開にはならないんですよね。だからマイル戦切れる脚を使うタイプは溜められずに持ち味が出せない。けど、マイル戦で切れ不足の馬は追走のスピードはあるから意外と届いちゃうことがあるんです。というか結構多い。京王杯スプリングカップは特に多い感じがします。去年のダイワマッジョーレとかもそんなタイプだと思う。

 

もう一つはスピード豊かな馬の押し切りも期待できるということ。1400mは脚を溜めにくい展開になることが多いから、瞬発力勝負に長ける馬は力を出せずじまいで終わっちゃうんですけど、スピードタイプは脚を余す心配がありません。そしてこの時期の東京は馬場も内がいい状態になることが多いから向くという利点もあります。

京王杯スプリングカップはディープインパクト産駒は向かないレース


1400mってG1を勝つような主流血統が持つ能力とはちょっと違う部分が必要になることが多いんですよね。だから今をときめくディープインパクト産駒は本質的には合わないと思ってます。阪神牝馬ステークスではスマートレイアーにぶっこ抜かれてビックリしましたが、たぶんあれは能力の違い。適性を能力で超えちゃったんだと思ってます。

今回の京王杯スプリングカップでディープインパクト産駒の中で一番実績があるのはトーセンラー。いろんな距離で実績残してすごい馬だなーと思いますが溜めて脚を使うタイプという点では不安があると思ってます。

コパノリチャードは京王杯スプリングカップ向き


もう1頭のG1馬、コパノリチャードは逆に京王杯スプリングカップ向きの馬だと思ってます。

ダイワメジャー産駒って全体的にお父さんみたいに持続力で勝負するタイプが多いと思うんですよね。それはつまりディープインパクトとは逆の適性(スピードの持続力)が高いってこと。カレンブラックヒルなんかも前に行って粘るタイプですよね。

コパノリチャードも前に行ってスピードを活かす馬だからこのレースは向くと思います。58キロの重い斤量を克服できるかってところでしょう。

あと、クラレントも普通に買えると思います。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



京王杯スプリングカップはトーセンラーに合わないんじゃない?っていう考察” への2件のコメント

  1. お世話になっております、競馬の魅力の管理人です。

    このたび弊ブログはURLを独自ドメインに変更しました。
    つきましてはリンク・RSSのURLを新しいものに変更していただきたく連絡させていただきました。

    ブログタイトル:競馬の魅力
    新URL:http://www.keibanomiryoku.com/
    新RSS:http://www.keibanomiryoku.com/index.rdf

    ご多忙のところ、お手数をおかけしますが宜しくお願い致します。

    • こんにちは。管理人です。

      リンク・RSSともに変更しました。これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。