函館スプリントステークスで狙える馬の傾向と個人的な注目馬

先週はマーメイドステークスでシャトーブランシュから行って撃沈。ディアデラマドレは鮮やかでしたね。メンバーの質的には疑問符がついちゃう感じではあるんですけど、牝馬の中では十分重賞でも通用しそうな気がします。最近のキャロットも勢いがありますねー。

さて今週は函館競馬場で函館スプリントステークスです。重賞勝ち馬もいてマーメイドステークスよりもメンバーが揃った感じ。結構見応えのありそうなレースになりそうで楽しみです。
洋芝ってこともあって函館スプリントステークスは傾向が出やすいレースだと思うので、しっかりその傾向を抑えておきましょう。


函館スプリントステークスは内枠有利


函館スプリントステークスは内枠有利な傾向

函館スプリントステークスに限らず、函館1200m全般に言えることなんですけど内枠が有利な傾向が出ています。勝率・連対率・複勝率どれをとっても真ん中や外枠より内枠の方が高い傾向。ただなぜか7枠だけは他に比べていいんですけど。函館の1200mはスタートしてから最初の直線までは結構距離があるんで外枠でもそんなに不利にならないイメージだったんですけど思い込みだったみたいです。

 

函館スプリントステークスは基本的に先行馬中心


短距離戦はだいたい当てはまるんですけど、函館スプリントステークスも基本的に先行馬が中心。二桁番手からの差し・追込はなかなかハマらないですね。直線も短いし。過去5年の函館スプリントステークスを見ても、二桁番手から3着以内に食い込んできたのは12年のビスカヤ1頭のみ。あとは大体5番手以内につける競馬をしていた馬ばかりです。

今年のメンバーを見ると、毎回最後方付近から競馬をしてくるタイプという馬はそれほどいないので絞りにくいかも。でも、末脚自慢のタイプはちょっと割り引く必要はありそうです。

 

ノーザンダンサー系と相性がいい函館スプリントステークス


去年のフォーエバーマーク、一昨年のビスカヤ、2011年のカレンチャンとテイエムオオタカ、2010年のワンカラットとビービーガルダン。この6頭に共通するのが父ノーザンダンサー系。そう、函館スプリントステークスはノーザンダンサー系と相性の良いレースなんです。

特にファルブラヴとかホワイトマズルとかコマンダーインチーフ、チーフベアハートといった欧州っぽいノーザンダンサー系がいいんですが、クロフネ産駒のカレンチャンも勝ってますしざっくりとノーザンダンサー系がいいって思ってて差し支えないんじゃないかなーと思ってます。

 

枠は決まらないとわかんないんですけど、こういう傾向から見てみると重賞実績があって人気にもなりそうな、ストレイトガール・スマートオリオン・フォーエバーマークは買える馬と言えそう。その他に選ぶとするならセイコーライコウが面白いんじゃないかと思います。父はクロフネでノーザンダンサー系。積極的に前に行くタイプじゃないかもしれないけど、後方待機に賭ける馬でもないんで、うまく運べたら十分圏内じゃないかなー。調子も良さそうだし。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



函館スプリントステークスで狙える馬の傾向と個人的な注目馬” への1件のコメント

  1. ピンバック: 今週の重賞情報速報 - umapi[ウマピ]~競馬予想~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。