宝塚記念で好走するために必要な適性をざっくりまとめてみた

先週は函館スプリントステークスもユニコーンステークスも観戦のみ。平場に手を出してヤケドしました…。メインだろうが平場だろうが結果は同じ。負け…。
いやはや最近は大好物のダート短距離も全く当たりません。たまにはスカーッと当てたいもんです。

さて今週は宝塚記念ですね。登録が13頭でちょっとさみしい感じの頭数なんですが、ジェンティルドンナはいるし、ちょっと調子悪いけど去年のチャンピオン、ゴールドシップもいます。銀メダルコレクターのウインバリアシオンもいれば、メイショウマンボとヴィルシーナと結構G1馬がいますね。トーセンジョーダンもそうだ。

今年G1勝った馬はジェンティルとヴィルシーナだけじゃねーかとは思いつつ、宝塚記念の傾向を過去のレースからまとめてみました。参考にどうぞ。



宝塚記念は小回り適性っぽいのが必要


競馬でグランプリってなるとグランプリボス…じゃなくて、宝塚記念と有馬記念になります。この2つのレースはどちらも主要なコースと距離じゃないのが特徴。だから妙にグランプリだけ荒れたりグランプリだけ勝っちゃう馬が出てきたりするんです。ナカヤマフェスタが勝った時はスカーッと当てたレースだったんですけど、ナカヤマフェスタもなんとなく他のG1勝てた感じはしないですよね。チャンスは有馬か宝塚だけだったろうなーと思います。

ってわけで宝塚記念はグランプリ適性が必要。グランプリ適性ってのはざっくり言うと小回り適性・ローカル適性っぽいもの。宝塚記念も有馬記念もステイゴールド産駒が活躍してるんですけど、ステイゴールド産駒は元々小回りとかローカル強いですからね。一瞬の切れ味で勝負するよりも持続性のある脚を使えるタイプが合うって感じなんでしょう。たぶん。そんなイメージです。

 

ゴールドシップは明らかにグランプリ向き


ザーッとメンバーを見て、一番グランプリ向きなんだろうな~と思うのはやっぱりゴールドシップ。切れ味勝負だとちょっと分が悪いところがある馬だし、直線に坂のある力の要る感じの馬場も合うタイプだからこの時期の宝塚記念はぴったりなんですよね。ただ、一時の強さが見えないってのがモヤモヤするところ。適性だけで見ればこの馬なんだろうとは思うんですけど。

次に合いそうなのはウインバリアシオン。
ただこの馬は銀メダルコレクター。宝塚記念と相性のいいステイゴールドも銀メダルコレクターだった馬だから気にしなくていいのかもしれないけど、強い競馬をしながら負けるのはこの馬のいつものパターンなんですよねー。勢いのあるハーツクライ産駒だけど、どうかなー。勝てる実力はあると思うけど運が無いタイプだと思うんで、好走までかなー。でも勝つとするなら宝塚記念か有馬記念かという気はするけど…。

ジェンティルドンナは去年と同じローテーション。原則この条件が合う馬じゃないと思う。力で好走しちゃうんだろうけど、噛み合ったゴールドシップとかウインバリアシオンには敵わないと思います。

そんなわけで3着までの椅子はそれなりに選択肢が考えられて面白いレースになりそう。個人的にはウインバリアシオンとホッコーブレーヴあたりが面白いかなと思ってます。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。