函館記念で好走する馬の傾向と相性の良い血統をまとめてみた

七夕賞はメイショウナルトでしたねー。田辺騎手はホント上手いですね。度胸のある騎乗っぷりが好感あります。今年の後半もきっと活躍してくれることでしょう。

さて今週は函館競馬場で函館記念が行われます。やたらとマヤノトップガン産駒と相性の良いレースでいたら買えばだいたい当たるんですが、今年はいません。ココ最近はだんだんと産駒数も減ってきてるし、高齢だからもうそろそろこの法則もなくなっちゃうかもしれないですね…。マヤノトップガンのファンとしては悲しい…。

そんなことばかり言っててもしょうがないんで、函館記念の傾向をまとめてみました。参考になれば幸いです。


函館記念の舞台と相性の良い血統はこの3頭


函館2000mはキングカメハメハ・シンボリクリスエス・ゼンノロブロイに注目

函館記念が行われる2000mの舞台で相性が良いのはキングカメハメハ産駒とシンボリクリスエス産駒。勝ち数が1位・2位でさらに複勝回収率が100%を超える成績を残しています。

函館記念に限って言えばこの2頭は成績を残していないんですけど、同じ舞台でこれだけの好成績を残しているのは無視できないんじゃないかなーと思います。今年の登録馬からはキングカメハメハ産駒はゼロス、シンボリクリスエス産駒はメイショウサミットですね。

 

この2頭の他には、勝ちの数では少々劣るんですがゼンノロブロイ産駒も好成績を残しています。今回の登録メンバーならステラウインドとバウンスシャッセがゼンノロブロイ産駒ですね。

一方で小回り巧者として福島あたりの重賞では一押しするステイゴールドですが、洋芝が合わないのか何なのか、函館2000mは回収率が40%台と低迷してます。理由は正直よくわかんないですけど、小回り巧者のイメージが強くて食指が動きやすい血統なんですが函館記念ではちょっと冷静に見た方がいいのかなーと思います。ナカヤマナイトも微妙だな~。

後方一気は厳しい函館記念


次に脚質に目を向けてみると、明らかに追込が厳しいです。差し馬はチラホラと函館記念で連対してますが直線の短い函館競馬場では追込はなかなか決まりません。そうしたことから函館記念で狙える脚質は逃げ〜差しまでとなってきます。あとは前半は後方にいても3〜4コーナー付近から上がっていくマクリの出来る馬も可能性はあります。長く脚を使い続けられるタイプはチェックが必要になってくるんじゃないかと思います。

 

昨年も結果を出してるアスカクリチャンは斤量が重くならなければチャンスは十分ありそう。函館好相性の血統になるゼロス、ステラウインドも十分争覇圏内でしょう。バウンスシャッセは判断が難しいところですけど。シンボリクリスエス産駒のメイショウサミットはさすがにちょっと買うのは厳しいかなー。

あとは2000mが適距離のトウカイパラダイスとこれまで函館ではすべて3着以内に入ってるラブイズブーシェは狙い目だと思います。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。