エルムステークス攻略のために知っておきたいポイントは3つ

今週から札幌競馬場での開催が始まります。ボクも通勤途中に工事の様子をちょこちょこ見てたんですけど、なにやら外側もカッコよくなってるんで行ってみたい気持ち満々。なんとか嫁子を説得したいんですが…。この際一人ででもいいんだけど。

さて今週はリニューアルした札幌競馬場でエルムステークスが行われます。アスカクリチャンとアンコイルドが連闘で初ダートに挑むとかで、局所的に話題になってますね。ルールで出れるんでしょうがないとは思うんですけど、ただでさえダートの重賞は数が少なくて、少ない枠を競ってダートを主戦場にしてる馬が争ってるのに惨敗の可能性が高い芝馬を出すのは気持ち的にどうなの?って思ってしまうのはありますね。激走してくれたら文句言えないんですけど。

個人的な考えはともかく、エルムステークスの傾向をまとめましたので参考にどうぞ。


エルムステークスは4〜5歳馬が中心


エルムステークスは4〜5歳馬が中心

ダート路線って高齢馬の活躍が目立つんですけど、エルムステークスに限って言えば高齢馬よりも4〜5歳馬の活躍が目立つレースになっています。ここ2年は7歳馬が連続で2着してるので、全く買えないというわけではないんですが、ここ5年で6際以上の勝ち馬はゼロなので4〜5歳中心と考えていいと思います。

 

エルムステークスのコースはシンボリクリスエスとキングカメハメハ


札幌ダート1700mはシンボリクリスエスとキングカメハメハが強い

エルムステークスが行われる札幌のダート1700mでの種牡馬ランキングは1位がシンボリクリスエス、2位がキングカメハメハ
今年はキングカメハメハ産駒の登録が無いですが、シンボリクリスエス産駒はジョウノボヘミアンとソロルの2頭がいます。

シンボリクリスエスとキングカメハメハは芝でのG1馬を出した血統ですが、その他にもマンハッタンカフェやスペシャルウィークのように芝でG1馬を出した産駒の活躍が目立っています。

一方で単勝・複勝の回収値が100を超える数字を出しているのがゴールドアリュールとアフリート。この2頭は出走頭数の割に連対率・勝率が高いので出てきたらかなり注目ですね。今回アフリート産駒はいませんがゴールドアリュール産駒はタイセイスティングがいます。あれこれいるより頭数絞れてる方が考えるのも楽なので、素直に狙ってみるのも手かもしれませんね。

 

エルムステークスは先行〜差し馬中心


ダート戦全般に言えることですが、やっぱり先行馬〜差し馬が有利。4コーナー二桁の位置取りから札幌の短い直線で追い込むのはかなり難しいです。だから後方待機に賭ける馬はどうしても狙いづらくなります。今回のメンバーを見渡すとそれほど追込一手の馬がいる感じではないと思うのでそんなに気にする必要は無いかもしれないんですが、なるべく前目につけられる馬を狙うのがベターでしょうね。

 

エルムステークスの個人的な注目馬はタイセイスティング。前に行ける脚質の上に相性のいいゴールドアリュール産駒。実績馬がいろいろいますが、どの馬も順調さに欠けてたり死角がありそうな馬も多いですね。本番前ですし、逆転があってもいいかなーと思ってます。

と、思ったらタイセイスティング出走しなかった…。実績馬とか人気馬はどれも死角があるだけに難しいんですけど、ローマンレジェンドを挙げたいですね。相性のいいスペシャルウィーク産駒ですし。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。