セントウルステークス攻略のために知っておきたい傾向とポイント

凱旋門賞まであと1ヶ月を切りました。有力視されてたドイツダービーを11馬身差で勝ったシーザムーンが前哨戦のバーデン大賞で負けて人気に変動がありました。1番人気はトレヴで日本馬の最上位人気はジャスタウェイの4番人気だそうです。毎年のように上位人気をとるようになったってのもすごいですね。ジャスタウェイもですけど、夏の札幌で強さを見せつけたハープスターもタフな舞台が合いそうなゴールドシップも楽しみですね。今年も夜更かししなきゃ。

さて、今週は阪神競馬の開幕週。秋競馬初戦のセントウルステークスが行われます。
今年は新潟で行われるスプリンターズステークスの最重要ステップレースとなるセントウルステークスの過去のレース結果から傾向をまとめましたのでどうぞ。


実績のある人気馬がなかなか勝てないセントウルステークス


セントウルステークスは後のスプリンターズステークスの叩き台としてこれまで実績を挙げてきた馬の秋初戦になることが多いレース。G1実績のある馬の参戦も多いんですが、その多くは休み明けで目標はまだ先ということもあって、実績のある人気馬が取りこぼすことの多いレースです。

日本競馬史上最強のスプリンター(だと勝手に思ってる)ロードカナロアもついには勝てなかったレースです!

こうした人気馬が負けるのは上にも書いたように、実績馬はこの先が本番だから仕上げに余裕をもたせてることと、夏に順調に使ってきてここに参戦してる馬は仕上がってて状態がいいことこの2つの面があってこういう結果が出てるんじゃないかと思っています。

今年のメンバーはG1勝ち馬がいなくて、例年より少し小粒な印象。G1クラスでの実績馬となるとハクサンムーンとかエーシントップですが、どちらも高松宮記念以来ですから、思い切って違う馬から狙うのは十分考えていいレースだと思ってます。

 

セントウルステークスは牝馬を侮る無かれ


総じて短距離戦は牝馬でも通用することが多いんですが、セントウルステークスは過去5年の3着以内馬15頭のうち、約半分の7頭が牝馬。セントウルステークスは牝馬が強いレースなんです。

セントウルステークスは牝馬を侮る無かれ

今年も登録17頭のうち、9頭が牝馬。半数以上が牝馬ですから、今年も牝馬が連対する可能性はかなり高いと思います。

 

阪神1200mはパワー型が強い?


阪神1200mはパワー型の相性が良い

秋の阪神は野芝のみで行われるので、時計が速くなります。だからスピード型がいいというイメージが強いんですが、阪神1200mの傾向としては結構ダートでも活躍馬を出すような血統の相性がいいというのがわかります。

タイキシャトルとかスウェプトオーヴァーボードなんかはダート短距離の条件戦でよく見かける父ですよね。今年はアルマリンピア(父タイキシャトル)とプリンセスメモリー(父スウェプトオーヴァーボード)が登録しています。血統的にはこういったちょっと地味目な血と相性がいいというのは頭の片隅に入れておいていいかもしれませんね。

 

今回の個人的な注目馬はエピセアローム。北九州記念もCBC賞も他馬より重い斤量になってましたが、今回は54キロで前走より軽くなりますし、他馬とも同じ。そうなればアタマで狙えるくらいの能力は十分でしょう。あとはリトルゲルダかなあ。

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。