新潟競馬場でのセントライト記念で知っておきたい傾向をまとめました

こんにちは。先週も買う馬買う馬2着3着ばかり。京成杯オータムハンデはブレイズアトレイルをセントウルステークスはエピセアロームを本命にしてそれぞれ単勝勝負。結果はブレイズアトレイルが2着でエピセアロームが3着。もどかしいです…。セントウルステークスはリトルゲルダと迷ってただけに余計に…。

でも、こういいところまで来てくれると見てても熱くなれるんで楽しいですね。いっときは4コーナー手前で「終わった…」と思う買い方ばかりのときもありましたから…。

さて今週は菊花賞トライアルのセントライト記念が新潟の舞台で行われます。
このコース設定もあってか例年よりも豪華なメンバーが揃った感じ。皐月賞馬のイスラボニータに春の主役級だったトゥザワールド。いつもの中山開催なら出てこなかったんじゃないかと思わせる二頭が登録してきました。イスラボニータは秋の天皇賞に向かうようですけど。

新潟競馬場が舞台ということで、過去のレース結果が参考にならないかもしれません。新潟2200mの傾向を中心にしてセントライト記念を考えてみました。


新潟でのセントライト記念は終いの脚が重要になりそう


新潟の2200mはこれまでオープン以上のレースが行われていません。その中での傾向になってしまいますが、道中はゆったりめのペースで終いの脚が求められるという流れになることが多くなっています

2200mというコース設定は意外とペースが緩まずに持久力が求められる流れになるケースが多いんです。過去にセントライト記念でコスモバルクがレコード勝ちしましたけど、コスモバルクは持久力に優れた馬だったからその能力をフルに活かした結果です。その代わりに切れ味勝負には弱かったですけどね。2200mはそういうタイプが活躍するコースなんです。

ただ、今回の新潟の場合は終いの脚がないと厳しい可能性があるので、いつもの感じで持久力タイプを狙うとアッサリ外してしまう可能性が高いと思います。

また、開催が進んで内を狙う馬が少なくなって直線では横いっぱいに広がることが多くなっています。セオリーから言えば、好位置から脚を使える馬がベストだと思いますが、後方からレースを進める脚質の馬にも十分チャンスがありそうです。

 

セントライト記念で狙える馬・不安な馬


これらの傾向を踏まえて考えると、好位置から脚が使えるイスラボニータは安泰。トゥザワールドはイスラボニータに比べると少し素軽さに欠けるイメージがあるので不安な点はあると思っています。

その他では切れ味勝負に強いディープインパクト産駒からはサトノフェラーリとステファノスが面白そう。個人的に注目しているのがエアアンセム。シンボリクリスエス産駒ってのが気になるところですけど、準オープンで4着しているところを見ると通用してもおかしくないと思います。過去のセントライト記念では1000万クラスで好走してれば連対している馬が出てますから。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。