2014年オールカマーは素直にディープインパクト産駒の切れのあるタイプを狙おう

先週は春のG1馬が強い競馬を見せましたね。順調に夏を越して秋に向かってきているってことでしょうか。イスラボニータは菊花賞に行くんでしょうかね?天皇賞でもいい勝負出来そうですからどちらに行くにしても楽しみです。

さて今週はその天皇賞を占うオールカマーです。オールカマーってなんでオールカマーって言うかと調べてみたら、過去はアラブとの交流競走だったからみたい。今はもうアラブがほとんどいませんから名前だけが残ったという形ですね。そういえばオールカマーは今でも地方馬のG1トライアルレースなんですね。昔ウイニングポスト2に出てきた地方馬モナークジュニアは強かったなあ。

と、思い出話は置いといてオールカマーの傾向を考えてみたいと思います。今年のオールカマーの舞台は新潟ですよ。


オールカマーはセントライト記念と同じ考え方で


オールカマーは舞台が先週のセントライト記念と全く同じ。つまりほとんど同じ考え方でいいと思います。具体的には終いの決め手勝負に対応できる馬です。

先週のセントライト記念も決め手に勝るイスラボニータがスパッと切れて勝ってるように、今の新潟は決め手が重要になっていると思います。芝の止まらなかった開幕当初とは別のイメージで狙っていくほうが今の馬場にはいいと思います。

 

オールカマーの狙いもディープインパクト産駒で


切れのあるタイプがいいって辺りでもうアタリ血統はわかってくると思うんですけど、セントライト記念と同じくディープインパクト産駒
これまでの中山2200mでは相性が悪いんですが、新潟2200mで今の馬場なら一番ベターな血統でしょう。

他の狙い目もリーディング上位の種牡馬で、キングカメハメハ、ハーツクライあたりが良いと思います。

 

個人的な注目馬はディープインパクト産駒の3頭。

まずは人気にもなることは間違いないサトノノブレス。スパッと切れるタイプではないと思うんですけど、切れ勝負にも対応できる力は持ってます。33秒台の上がりを使ったことも何度かありますからね。まあ、オッズ次第では深追いしたいほど盤石ではないとも思いますけど。

次にラキシス。牝馬ですが、今年のメンバーなら通用してもおかしくないと思いますし、実際京都記念と中日新聞杯の2つのレースで掲示板を確保。2200mの距離も合っていると思うので、かなり面白い一頭だと思います。

最後の一頭はニューダイナスティ。元々前にいって結果を出してきた馬ですが、ココ最近は差しの競馬で上位の上がりを使っています。結果こそついてきていませんが、重賞でも小差のレースを見せているようにハマれば通用するだけの力はあります。今回はハマる要素がかなりあると思うので狙ってみる価値は十分あると思います。

混戦っぽい感じがありますが、だからこそやりがいがありそうな今年のオールカマー。今から楽しみです。

 

競馬新聞を買うのは高くてもったいないけど、ネットの馬柱ではデータ不足だと感じませんか。
KLAN.jpは無料なのに競馬新聞並のデータ量の馬柱が使えます。しかも自分好みにカスタマイズまでできるんです。


無骨だけどシンプルデザインで見やすいので僕も毎週お世話になっています。

登録はこちら→無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】


自在脚質〜馬券になる脚質と枠番馬番がわかる無料データブログ〜の購読(無料)はRSS購読がオススメです



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Trackback URL

管理者の承認後に表示します。無関係な内容や、リンクだけで意見や感想のないものは承認しません。